『習い事って 私は自分の人生が嫌になりました 何というか

『習い事って 私は自分の人生が嫌になりました 何というか。だいたい大人は大人のように見えて子供みたいなものです。私は自分の人生が嫌になりました 何というか幼い頃から楽しくありません 親に自分のやりたいこと、例えば野球やサッカーなどを言ってもさせてくれなかったし、中学や高校の頃はあまり外出させてもらえなかったし、 挙句の果てには方針と称して携帯電話やプレイステーション等のゲームを全く買ってもらえませんし、お金も出してもらえませんでした 逆に自分で趣味関係のものを購入することすら許されませんでした なので、スポーツとかゲームとかあまりしてなかったので周りの人たちと比べて劣等感が酷いし、昔何かやってたか聞かれたり今何か趣味があるか聞かれると返答に困るし、 流行とか皆がしている話題についていけません 正直今成人したばかりなので今から何か始めようとしたって決めつけるのは駄目ですが無理ですし、今まで親に縛られて生きてきて自分らしく生きられない人生がくそったれで本当に嫌に思います かといって私は自殺することも出来ず生き延びる屑です この嫌な気分を晴らすにはどうすれば良いですか また、他の家庭と比べて子供を制限する親はどう思いますか 母親になって後悔した。母親になったことを後悔している女性たちがいる。人生とはそういうものでは
ないはず」 自分のそうした自分に何か問題があるんじゃないかと思っていた
。このことを自分には母親らしさが欠けていると気づいたのは。最初の息子が
できてからだった。他の母親たちが子育てについて。本当に楽しくて素敵でと
言うのを聞いて。実は冗談なのだろうかと長いこと不思議だった。

幼い頃と向き合う。幼少期に何らかの不安を感じたまま大人になった場合。それが心に傷となって
残っていることもあります。インナーチャイルド」をそのまま訳すると「内側
の子ども」という風になりますね。実際にがうまくいかないとか。引きこもり
がち。何かに依存しやすい。自分の子どもとうまくいかない。良い子ぶる…
自分が嫌な感情になったのはどの出来事なのか。向き合ってみることから始めま
しょう。幸せな「自分の人生を生きる」ヒントもっと便利に楽しく家族に苦しめられた私が。複雑な家庭環境で育った小林さんは。代の頃に「将来は結婚しない」と決め
ていました。しかし。独身の私からしてみれば「酒乱の父のご機嫌取りばかり
するような家庭を築いておいて。何を今更」という気持ちだった。何かの本で
読んだのだけれど。母親は子供が結婚しないと。自分の人生を否定された気持ち
になるのだそうだ。私は頼りない小さな手を握って階段を段段。ゆっくりと
上がり。子供の歩幅にあわせて歩くと。幼い頃の自分を思い出す。

「家族をつくれば寂しくない」は幻想だ――母になった犬山紙子。悩みから脱し。“自分の幸せ”に従って子どもを産んだ犬山紙子さんに。その問いを
尋ねた。どういう人生を歩みたいのか。日々。選択を迫られる。 一方で。「女
は結婚して。子供を産むことが一番の幸せ」という価値観は健在だ。絶対に
たくさんいるはずなんですけど。隠されているというか。ネットやテレビで
そういう人たちはほとんどそういうのを信じてる人の価値観を変えるのはほぼ
無理だと思ってます。歳になった私が。代の子の間で流行っていた一生懸命に生きている「いい大人」と出会う。私は今自分が大人になっていて。「いい大人」が減っているのではないかと
ちょっと心配なんです。子どもたちにとって「いい大人」が減っているのでは
ないかと。私の子どもの頃はあんなに「いい大人」ばかりだった

『習い事って。息子たちの習い事を辞めたいというサインに気づくことなく。応えてやれずに
いた自分が嫌になりました。子どもには。自分からやりたいと言い出さない
子どももいるので。言い出すのを待ち続ける根気強さも親には必要かもしれませ
人間。何かを身につけるには継続することが必要であり。たとえ能力があって
も頑張ることができない人間は何者にもなれ記事を読み。好き嫌いと上達は
関係ないなぁと感じ。自分の小さい頃の習い事を振り返って様々なことを
思い出しました。堀江貴文「『才能がない』『お金がない』は。才能がない」「お金がない」「時間がない」と悩んでいるなら。転職するという
手もあります。ぜひ環境を日本人は幼い頃から。「何かをするためにはお金が
必要だから。地道に貯金をしておきましょう」とすり込まれて育つ。イチロー
だって。小学校年生の時から。年のうち日は練習していたというし。今
でも常に自分が最高の状態でいられるような努力をしている。本音で生きる』
の帯には。ひろゆきさんより以下のコメントが送られていました。

だいたい大人は大人のように見えて子供みたいなものです。厳しい育て方がいいと思ってる親。甘やかすのがいいと思ってる親。甘やかし時には厳しく行くのがいいと思ってる親。考え方は人それぞれです。どの親に当たるかは正直なところ、運です。世の中不平等だし毎日働かないと生きていけません。お金持ちになるにはかなりの努力、生まれ持った才能がいるし、もう生きたくない。かといって死にたくもない。何もしたくない。って思いますよね。僕は毎日思ってます。結局どうすれば幸せに感じるかを僕なりの意見で書きます。結論は気持ちの問題です。若くて友達同士で遊びまくってる人たちは20前半あたりから遊ばなくなり孤立していきます。みんな結婚したりいつまでもずっと友達で居られるのはほんの2、3人です。成人した今からが本番です。今から努力して周りを見返すのです。趣味は自ら見つけるものです。とにかくいろんなことをしてみてください。ネットで調べればいくらでも趣味にできそうなジャンルはでてきます。その中でも熱中して楽しいと思えたことを趣味にするのが一番だと思いますよ??親に厳しく育てられてやっと解放される今なのですからなんでもやってみてください。思ったより自由で楽しいですよ、僕的には子供は厳しく育てれば育てるほど、よくないと思いますね。やっぱりアメトムチが必要だと思います。子供の気持ちをわからない親はたくさんいますしね。逆に自分がされてきたことを自分の子供にしないようにしようと思わないとダメですよね。結局、神様に生まれさせられた以上生きないとダメなんですよ、生まれてこようと思って生まれてきてないでしょ?自殺してる人いっぱいいますけど、自殺なんかしたら次はもっともっと苦しい世界に生まれさせられるかもしれません。だから、楽しんで生きるように一緒に頑張りましょう。苦しいのはみんな苦しいですからね。自立の心を育てましょう。親を許して下さい。許さなければ、前に進めません、楽しく、幸せに成りたければ、許す事です。私が尊敬する斎藤一人さんyoutubeに乗ってる許しを聴いてください。何かが変わるはずですよ!分からなければ100回聴いて下さい。必ず次の策が見つかるはずです。貴方は若いこれからいくらでも幸せに成ります。でも、幸せには幸せのやり方が有ります。怠けたら、怠けた分しか幸せは来ません。頑張って努力して下さい。youtubeの斎藤一人さんを聴いて下さい。タダです、いくらでも聴いて下さい!聞けば聞くほど、楽しく成ります!幸せは、貴方が貴方の手で創って行くモノです。必ず親に、産んでくれてありがとう。思える時が来ますので、それには幸せだなぁと思うことです。頑張って努力してください!頑張!あなたが親に制限されていると思うなら、自分で働いて、家を出ることをお勧めします。>他の家庭と比べて子供を制限する親はどう思いますか? 比べるかどうかは別として、産んどいて世話しないのはゴミ親だと思います。ですが、あなたのように言い訳と逃げも同じくらいゴミクズだと思います。君は親を否定しているが、同じだぞ今のままでは。>この嫌な気分を晴らすにはどうすれば良いですか?やる気のないヤツが気分を晴らす方法など無い。じゃあ、どうするか?やるのだよ、言い訳せずに。>○○させてもらえなかった。○○買ってくれなかった。>だから劣等感。だから何?今がんばれない理由にはならない。言っとく、君のような酷い仕打ちを受け、虐待されても、反面教師として今を努力してる奴は腐るほどいる。その差は過去を言い訳するかしないかだけ。>正直今成人したばかりなので今から何か始めようとしたって決めつけるのは駄目ですが無理ですし、何が駄目で、何が無理なの?言い訳ばっか。親のせいばっか。誰の人生だよ?親の人生かい?いつまで親の庇護の下でくだらない人生やってる?自分が駄目だと決めつけんな。>今まで親に縛られて生きてきて自分らしく生きられない人生がくそったれで本当に嫌に思います。二十歳だろ?家飛び出せる年齢やんか。縛ってるのは君のやる気のない逃げてる気持ちだって。気づこう、世界は開かれている。君の今を知らないが、どーせマイナスどん底人生なんだろ?だったら君の気持ち一つでプラスしかならないじゃん。俺の人生詰んだ。親に操られたと今まで通り、親のせい、世の中のせいと嘆き、悲しみ、ひきこもり、諦める人生を過ごすか、どーせ底辺なんだから、生きなおそう自分らしくと、這いつくばっても、泥水すすっても、人に嘲け笑われても、前進する人生を歩むかは、君次第です。言っとく、それしか俺ら傷つけられた人間の生きる術はない。言い訳辞めたら人生は変わる。変えよう自分を。小中高と思うようにならなかった人生…辛かった事と思います。やっとご自分を主張できる大人となることが出来たと思います。今までやりたかった趣味、好きな事を一つずつやってみてはいかがでしょうか。そしたらそれをなるべくやり遂げてみる…楽しい気持ちになってくるのではないでしょうか。またご自分でご両親に言いたいことがあったら伝えることも大切だと思います。あまり過去にこだわり暗くなるより心機一転、若い希望ある、今からを楽しみに大切に生きてほしいと思います。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です