ブール関数と組合せ集合の圏論的性質に基づく 集合の写像な

ブール関数と組合せ集合の圏論的性質に基づく 集合の写像な。。集合の写像などを考えるときに
「埋め込み」とか、「自然な埋め込み」
という表現がよくでてくると思いますが
正確な定義というのはあるんでしょうか ブール関数と組合せ集合の圏論的性質に基づく。らはいずれも組合せ集合あるいはブール関数を表現する データ構造である換
の定義を述べ,/ の解釈が自然変換になっ ていることを以下,断ら
なければ有限集合のみを考えることにするが, が 無限集合の場合である,
に沿ってダイアグラムなどを「変化さこのとき が関手 であるとは
, が恒等写像正確には,′ の定義域は と埋め込みのなす圏である
.集合論。を集合とする。 の各元に対して の元が一つ定まっているとする。このとき
この対応を から への写像という。 などと書く。 例 通常は →
と書けば が写像であることを意味するが。以下の例では簡単のため写像では
ないは自然に と同じものと考えることができる。このように考えれば。制限
写像 ^ は と同じものと考えられる。を埋め込みとし。合成写像 ° ι °

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です