中学の理科 植物の話です導管や師管は細胞で作られてますが

中学の理科 植物の話です導管や師管は細胞で作られてますが。細胞が分化して道管や師管になります。植物の話です
導管や師管は細胞で作られてますがどうやって作られるのでしょうか 導管の仕組み。今回の講義に寄せられたレポートとそれに対するコメントを以下に示します。
つまり。通導組織が外側にあるからと言って。木部より篩部が内側にあるという
結論にはならないのです。なぜ道管を含めた一部が死んだ細胞を利用している
のかというと。植物体の支持や毛細管現象による水分輸送をするのに。それ自身
が無駄に養分を使う生きた細胞よりも。無駄な養分をこの師管や道管は幹の
外側にあるため。内側ではなく外側に生きた細胞を配置する必要があると考え
られる。根?茎のつくり。植物も生物なので。生きるために水が必要です。 水は光合成の材料にもなります
。 次に養分の流れを見ていき ましょう。 葉で行う光合成によってデンプンな ど
がつくられます。養分は葉で糖に 変えられ。師管を通って果実や成長 のさかんな

中学の理科。おしべの「花粉」が。めしべの先の「柱頭」につき「受粉」すると。子房は成長
して果実になり。胚珠は種子になる師管 → 葉で作られた「養分」が。通る管
気孔 → 酸素や二酸化炭素の出入り口で。植物体内の水分もここから出て双子
葉類において維管束では。中心側に道管がある覚え方。中心にドカーン! 根
→ 根毛により。水や養分を吸収する <練習問題>です。第六問 「孔辺細胞に
囲まれたすき間で。水蒸気。二酸化炭素。酸素の出入り口を。何といいますか?
」水の科学「植物と水」。植物の体の中には。根から吸収した水を高い梢にまで運ぶ専用の水路があり。
これを道管マツやスギでは仮道管と呼んでいますさらに。葉の部分で蒸散
が行われ。水分が空中に発散されると。その水を補うために道管中の水は上へと
引き上げられていくことになるのです。ここで作られた栄養分は。師管と
呼ばれる組織を通って。植物の体に行きわたり。最後は根まで届きます。代謝
や細胞分裂などが行われることなく。ただ休眠しているのには。もちろん理由が
あります。

細胞が分化して道管や師管になります。?道管側面の細胞壁が厚くなり、両端の細胞壁がなくなり、細胞が死に、道管ができます。?師管両端の細胞壁に篩状に穴ができ、核がなくなります。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です