低地に広がる日本の都市 もし日本の人口が4,000万人だ

低地に広がる日本の都市 もし日本の人口が4,000万人だ。生産者も減るから、自給率100%にはならんだろそれと人口が減ると年収が上がると予想する根拠は何だ。もし日本の人口が4,000万人だったら、可住地面積当たりの人口密度はドイツ、フランスと同じに成ります そしたら食料自給率も100%に成るので、働いて輸出して金を稼ぎ、その金でアメリカから食料を輸入しなくても良くなります 公園も今よりずっと広くなり、芝生の上でサッカーをする事も可能に成ります 働く必要が無くなるので、フランス人のように、夏には1カ月のバカンス旅行が出来ます 満員電車も、車の渋滞も無くなります 家の家賃も安くなり、しかも広い家に住めます ウサギ小屋から、おさらばです アメリカ人の平均年収は日本人より220万円程度高いそうですが、日本人もアメリカ人並みに成ります 良いことばかりではないですか それなのに、何故、政府は人口が減る事を恐れるのでしょう 統計でみる都道府県のすがた。万人 # A/A 外国人人口人口万人当たり 外国人
人口/人口総数 人 # # A/B 人口密度可
住地面積1㎡当たり 人口総数/可住地面積 人 # A心
疾患高血圧性を除くによる死亡者数/日本人人口 人 原則として人口
密度が1k㎡当たり,人以調査週間中,収入になる仕事を少しもしなかっ
た 人

低地に広がる日本の都市。もともと人が住んでいる街のほかに。畑。水田。草地など開発することで人が
住めるようになる土地も「 可住地かじゅうち」です。そのなかで。日本の
人口は約1億万人。イギリス約万人。ドイツ約万人ですから。
日本はイギリス。ドイツと比べて半分しかない 可さらに標高が1m未満の低地
は国土面積の%ほどですが。こうした 地域ちいきに万人が住んでい
ます。昔。江戸城だった 皇居こうきょは。ちょうど台地と低地のさかいに
あります。

生産者も減るから、自給率100%にはならんだろそれと人口が減ると年収が上がると予想する根拠は何だ?日本の国土は自然災害が多いので、常に防災の為の対策が不可欠です。よって人口が大幅に減れば、公共工事ができなくなって使える土地が大きく減少するでしょう。このような国土で一千年以上暮らして来たから、現代の日本があるのです。それが嫌なら外国へ移住してはいかがでしょう?国籍離脱の自由は憲法で保証された権利ですよ。1/3の人口で同じだけのGDPを稼ぐには3倍働かなきゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です