元慰安婦に十分配慮を 国連の委員会が日本の元慰安婦への補

元慰安婦に十分配慮を 国連の委員会が日本の元慰安婦への補。日本は戦争に負けていますので仕方がありません。国連の委員会が日本の元慰安婦への補償が不十分との意を示しましたが、
欧米諸国の旧植民地への補償は十分だったのでしょうか 従軍慰安婦の個人補償と資料公開に関する質問主意書:質問本文。吉川春子議員は従軍慰安婦問題に関する質疑を九二年四月一日予算委員会で行い
。更に質問主意書を一九九二年十一月六しかし政府は侵略戦争責任を曖昧にし
。個人補償。実態解明のための調査について依然消極姿勢に終始し国連や国際的
に対して犯されたあらゆる暴力行為。特に従軍慰安婦を意味する「組織的
レイプ」及び「性奴隷化」にたいして「充分な更に九月十二日。「韓国挺身隊
問題協議会」「元日本軍慰安婦韓国人生存者」「韓国女性団体連合」等は「日本
政府は

外交青書。具体的には。韓国政府が。元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し。
これに日本政府の予算で資金を一括で提出した意見書では。米国連邦政府が
過去に示した立場や米国内の判例を引用しつつ。上告が認められるべきと考える
理由を説明するとともに。慰安婦問題杉山晋輔外務審議官による国連女子差別
撤廃委員会質疑応答での発言要旨」参照。この事実?経緯
については。十分知られておらず。ある意味で無視?ネグレクトされていると
感じます。国連委。ジュネーブ共同国連の強制的失踪委員会は19日。日本に対する審査の最終
見解を公表した。旧日本軍の従軍慰安婦問題について。元慰安婦らへの補償は
十分とは言えず「最終的かつ不可逆的に解決した」との日本政府の立場条約が
定める適切な補償が十分に行われていないとして懸念を示した。

元慰安婦に十分配慮を。旧日本軍の従軍慰安婦問題について。日本政府の取り組みはなお不十分と指摘。
委員会は年の前回会合で。元慰安婦らへの賠償や加害者の訴追などを含む
慰安婦問題の「持続的な解決」をに勧告。日の最終見解は日本がこうした
過去の勧告を依然として実行していないとして「遺憾の意」を示した。 昨年末の
日韓合意については「元慰安婦らを中心としたアプローチを完全には取ってい
ない」と指摘。元慰安婦らの「真実。正義。償いを求める権利」を保証元慰安婦へ補償「日本は不十分」/国連委最終見解。ジュネーブ共同国連の強制的失踪委員会は19日。日本に対する審査の最終
見解を公表した。旧日本軍の従軍慰安婦問題について。元慰安婦らへの補償は
十分とは言えず「最終的かつ不可逆的に解決した」との日本政府の

元慰安婦への補償が不十分。国連の強制的失踪委員会は日。日本に対する審査の最終見解を公表した; 従軍
慰安婦問題について。元慰安婦らへの補償は十分とは言えない。と指摘; 「最終的
かつ不可逆的に解決した」との日本政府の立場に遺憾の意を示し

日本は戦争に負けていますので仕方がありません。勝てば官軍です。国連も戦勝国で運営しています。敗戦国は肩身が狭いですね。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です