吹奏楽wind 中学二年生の吹奏楽部ですアルトサックス担

吹奏楽wind 中学二年生の吹奏楽部ですアルトサックス担。ソプラノサックス、オーボエ、ファゴット、コントラバスはいなくてもそんなに困りません。中学二年生の吹奏楽部です
アルトサックス担当で、部長やってます

私の学校の吹奏楽部には、吹奏楽の経験がある顧問の先生がいたのですが、産休に入られて今は顧問副顧問ともに吹奏楽経験はおろか音楽経験がありま せん
また、学校内の先生の中には吹奏楽経験のある先生がいません
なので、来年のコンクールの自由曲は私が決めることになりました
4月までになんとか決められるよう、今から選曲をしています

そこで、気になることがあったので質問させていただきます

私の学校には、楽器はあっても、オーボエ奏者、ファゴット奏者、ソプラノサックス奏者がいません そして、コントラバスは楽器自体がありません

もし自由曲のなかに、ソプラノサックス、オーボエやファゴット、コントラバスなどの楽器が、オプションでなく書かれている場合、その楽器の担当がいないと駄目でしょうか
(ソプラノサックスがオプションじゃなく書いてあるのに奏者がいないから吹かない等)
また、オプションでないから、他の楽器で代用することは可能ですか
(オプションでないソプラノサックスをアルトサックスで代用、コントラバスをチューバで代用等)

その他に、自由曲について注意事項や規定などありましたら教えて頂けると嬉しいです
どうか回答お願いします かえるのおとプロジェクト。吹奏楽部 部長 リペア楽器 テナーサックス 角田市立角田中学校吹奏楽部 岩沼
市立岩沼西中学校吹奏楽部 活動内容 岩沼西中学校吹奏楽部フルートは吹奏楽
の中で高音域を担当していて。中でもピッコロはフルートより高音域です。
サックスパートは。アルトサックス?テナーサックス?バリトンサックスで構成
されています。年生と年生は。これまでとても仲良く日々楽しく活動してき
ました。

吹奏楽wind。学校名。朝霞市立朝霞第一中学校 部員数。年生名。年生名。年生名
コンクール出場部門。全日本吹奏楽コンクール 部門 コンクール成績。校舎も
移転年目で。木の温もりがする素晴らしい環境です。赤倉 旭さん担当
パート。サックス仮面ライダー熱の冷めない男子。電車大好きで電車の音
まで気にしちゃう“乗り鉄男子”などがいます?; 部長として日々心がけている
ことは?吹奏楽作家?オザワ部長。吹奏楽作家?オザワ部長書籍『吹部ノート』シリーズ。『あるある吹奏楽部』
シリーズ。『一球入魂!玉山菊元アンサンブルです。フランスの楽器
メーカー?セルマーからアルトサックス「シュプレーム」が発売
デジタル 連載「奏でるコトバ。響くココロ 吹部名言集」最新話は。島根県の
小さな吹奏楽部 #大田市立大田西中学校吹奏楽部 のストーリーです。名門 #
福島県立磐城高校吹奏楽部 で3年連続で全日本吹奏楽コンクールに出場した
ホルン担当のコウタ。

特集ページ吹奏楽部に入部したらどうやって楽器が決まるのか。する必要があります。 では。吹奏楽部において自分が担当する楽器はどのよう
に決まるのでしょうか? 「オーという気持ちが強いようです。 とくにアルト
サックスやフルート。トランペットはこの理由が多かったです。中学二年生の吹奏楽部ですアルトサックス担当で部長の画像。私立ジーピー学園吹奏楽部。オザワ部長レポート全国ポピュラーステージ吹奏楽コンクール!今回は
中学校の部に校。高等学校の部に校が出場したのですが。「次の学校はて
いる愛知工業大学名電高校を思わせるパフォーマンス。。年生人での演奏と
の立ったメンバーもおり。ソロを担当したアルトサックス奏者も素晴らしかっ
た。

めざせ。次のシーズンのための保護者会役員選挙である。9月からは。3年生が引退し。
2年生を中心に2年1年のチーム来シーズンは。アルトサックスの花愛が部長
をやりたがっていたが。花愛の両親は共稼ぎで。両親が保護者会会長をやれない
と山田中学校は。保護者といえども学校への訪問を厳しく規制していて。練習
を見に行くことは。ほぼ出来ないし。楽器もそのためだけに担当者がいて。
このわずかなタイミングがずれただけで。全部の「第九」がだめになってしまう
ほど。

ソプラノサックス、オーボエ、ファゴット、コントラバスはいなくてもそんなに困りません。アメリカの作曲家の作品だと編成が大きいものがあるので、それらの楽器が必要になるし、日本人の作曲家で難しい曲を選ぶとそれらの楽器が必要になることはあるけれど、最近は作曲家もコンクールのことをかなり意識して書いてくれてるから、大丈夫ですよ。課題曲にはそれらの楽器やホルンの4番とかはオプションで書くように公募の段階で指定があります。それとコンクールでは基本的には楽譜に指定された楽器でやることになってますけれど、ステージ上にその楽器がなければ、他の楽器で代用してよいことが認められています。規定に書いてあります。オーボエがいるのにオーボエ下手だから、クラリネットで吹きましたはアウトです。これは課題曲でもOKなんですよ。まあ最近は元々、特殊楽器が書いてないです。課題曲は90年代から、だいたい30人規模のバンドで吹けるように作曲してもらってますから、過去の課題曲を自由曲にするのも1つの方法です。あなたの学校の様子がわからないので「この曲」とは書けません。今年のコンクールの自由曲とか、トランペットがよく鳴るとか、クラリネットがよく鳴るとかわかると「この曲」って書けます。それ以外のことで選曲において気をつけるべきことを書きますね。①課題曲とのバランスA編成部門で出るのでしょうか?課題曲は12月頃に届きます。これ注文しないとダメだけど、頼んである?確認してみてくださいね。課題曲の選曲も大事です。その課題曲と似たような感じの曲を選ばないこと。②時間①に関わって、A編成の場合、課題曲と自由曲を合わせて、12分以内という時間制限があります。B編成、私の県では自由曲のみで9分以内です。制限時間を確認してください。なので、自由曲は7分~8分くらいまでの曲をよく選びます。それより長い曲でもカットすればいいんだけど、吹奏楽のことをわからない先生だとするとそのカットを考えてもらうのも難しそうですね。最近は作曲家もわかってるから、それくらいの時間で収まる曲をたくさん書いてくださってます。短くて困ることはないですが、長い曲は気をつけてください。③参考演奏やサンプルCD楽器店さんでサンプルCDをくれます。 でも聴いた感じと吹いた感じは全く違うので、聴いてみてよい曲と吹いてみてよい曲は違います。曲はいいけど、自分達に合う合わないがあります。そこで参考になるのが他校の演奏今年や昨年のコンクールで他校がどんな曲をやっていたか、参考にしてください。自分達の学校と同じくらいのレベルか、それよりちょっと上の学校の選曲は参考になります。今はCDがたくさん出てるし、YouTubeにも動画がたくさん上がってるから、それらも聴いてみてくださいね。でも聴く時はさっき書いたけれど、あくまでも演奏するのは自分達だから、もし自分達が演奏したら、どうなるか?を想像しながら聴くこと。楽譜は注文してから、在庫があれば2週間くらい。在庫なくて取り寄せになると1ヶ月くらいかかります。④自分達の個性や特徴を考えること。上手くいかないような技術的に課題になってる不得意なことを自由曲であえて選ぶ方法もあるけれど、多くの場合は自分達の持ち味を生かした方がいいです。例えば、トランペット3人がよく鳴るのなら、ファンファーレで始まるような曲とか、金管の活躍する曲アルトサックスの子が上手なら、アルトにソロがある曲とか。⑤全体のことをいつも考えること打楽器のことも考えてくださいね。5人いるのに、打楽器のパートが3つしかないのはダメですよ。付け加えることも出来るし、自由曲は残りの二人は休みでもいいけど、出来れば全員で演奏出来る方がいいよね。逆に5パートあるのに3人しかいない時も考えてくださいね残りの2パートを他の楽器から回せるとか、パーカッションの中で持ち替えでやれるとか、そのパートはなくても曲になるとかならば問題なしです。それと一番気をつけて欲しいのは「やりたい曲を言って」とやると金管の子は金管がカッコいい曲を選ぶし、木管の子は木管のメロディーがたくさんあるような曲を選びます。そうなると金管はカッコいいけど、やたらと木管難しくてとても指が回らないとか。木管は綺麗だけれど、金管の出番があんまりないとか。そういう問題が起こります。なので、全体のことをいつも考えることが大切。⑥先を見通した選曲にすること。技術的に難しくなく今でも吹けてしまうような楽曲だとコンクール近くなると厭きます。それとやることがなくなります。逆にあまりにも難しい曲を選び過ぎて、自分達には手に負えない楽曲を選ぶのも困りもの。よく自由曲を探すのに「グレード3くらいの曲でオススメ」とか質問する子が知恵袋で多いけど、これから短くても8ヶ月の間、その曲に取り組むのだから、厭きない曲を選ぶこと。スウェアリンジェンとかアメリカのバーンハウスって出版社から出てる曲はよく出来ていますが、本来は作曲家が自分の指導するバンドのために書いた練習曲だから、1ヶ月くらいで仕上げてしまうんです。日本の中学生は真面目すぎて、このメロディーは何を表してるんだろうとか悩んでダメになっちゃうから要注意ですよ。頑張れば吹けそうなそこそこ難しい曲でやりがいのある曲を選んでくださいね。それから、実は一番大事なことですけれど、冬場は基礎をしっかり創ること。コンクールの曲は早めに取り組めば良いというものではありません。中高生は勘違いしてるんだけれど、早めに取り組んで、曲を隅から隅まで研究し尽くして、ミスがないように吹いたり、表現をキチンと出来るようにしたら、金賞取れると思っていますが、これは大間違いです??全国大会へ行くような学校や県代表になるような学校なら別だけれども、中学生の場合はとにかく楽器がしっかり鳴っていないことがほとんど。個人個人の楽器がキチンと鳴ってないことには話にならないのです。その上でバンド全体のサウンドを創ること。曲をどうにかするのはその後なんです。審査員はクールです。表現なんて全く聴いてないの。何を聴いているかというとバンド全体のサウンドの美しさ。他の技術は二の次なんです。あとはアーティキュレーションを揃えること。スタッカートなのか、レガートなのか。これはみんなで標準語で話すことに統一するようなもの。ここまで出来ていたら、県大会には出られます。3番目に音程ハーモニーとも関係してくる。音程が揃うと共鳴してくるので倍音が豊かになります。そうすると美しいサウンドになる。でも音程を揃えるにはまずは真っ直ぐしっかり息が楽器に入って、楽器がよく鳴らないと話になりません。だから、冬場に基礎をしっかり身につけることが大切になってきます。基礎も個人の基礎練習とバンド全体の基礎練習とがあります。両方をしっかりやるだけでもかなり時間が必要なはずだから、コンクールの楽曲に取り組んでる時間はそんなにあるわけないんですよ。曲が吹けるようになるのはコンクール地区大会の1週間前くらいだっていいのです。それだと余裕がないから1ヶ月くらい前でいいの。だから、今からコンクールで勝つためだけのことを考えて、自由曲決めるよりもアンサンブルコンテストを楽しんだり、基礎練習しっかりやったり、仲間との人間関係づくりをしたりする方が実は大切なんですよ。代わりの顧問の先生とも仲良くなってくださいね。選曲は焦らず、じっくり考えよう。今はネットで検索すれば難易度、編成がちゃんと出てます、無いものを選びましょう、どうせカットもするでしょうからいいですが、カットと編成変更は届け出て著作権を持っている人に許可をもらわないといけませんから、そのまま使えるのを選ぶのが一番ですけどね、比較的かんたんで楽しく演奏出来る曲を選びましょう、居ないとだめ、ということはありません、大丈夫です代用は全然可能ですソプラノサックスはアルトサックスで代用はやめた方がいいと思います、音域が足りません、ソロがあるようでしたら音色が全然違いますがトランペットで代用するのが手ですソロがないなら無視して大丈夫ですオーボエはEsクラリネットやフルートで代用するのが一般的ですが、クラやフルートと同じ動きでしたら無視して構いませんファゴットはバスクラ、テナーサックス、ユーフォニウムで代用するのが一般的ですがこの中ではユーフォニウムが一番だと思いますバスクラとテナーサックスは「読み替え」というものが発生してしまい、ただのヘ音記号読みに慣れていないと読み替えが大変ですその点ユーフォニウムは読み替えが発生しないので楽に吹けると思います読み替えについて説明すると長くなるので割愛コントラバスはチューバとほぼ同じ動きなので、ピチカートのソロがあってティンパニが暇、という時のみティンパニで代用、あとは無視でいいと思います私の時の規定は目立つものは「歌詞のあるものはだめA—-とかUh—だけならよし、口笛も可」「コントラバスを除く弦楽器はだめ」でした

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です