安全性能ホンダN 軽自動車の自動ブレーキについてどれが一

安全性能ホンダN 軽自動車の自動ブレーキについてどれが一。今年の夏じゃなくて来年の夏なのね。軽自動車の自動ブレーキについて、どれが一番高性能かの質問です

来年夏くらいに「①全車速対応ACCが付いた」「②スライドドア」の「③軽自動車」の購入を考えています
全車速対応ACCは、 渋滞追従できることが条件なので、現行N?BOXも対象外です
ちなみに予算は気にしません

来年の夏ですので、上記①~③の条件すべてを満たす車種として、
①タント(今年7月FMCで次世代スマアシ搭載)
②デイズ/ekスペース(今年3月FMCでプロパイロット搭載)
③N?BOX(今年7月FMCしたN?WGNと同じホンダセンシング搭載)
が考えられます
次世代スマアシは、オートブレーキホールドがないため追従で停止しても2秒だか3秒しか止まれないとのことで、劣るように見えます
プロパイロット(マイパイロット)は、単眼カメラのみという点で、他社に劣るように見えます ただ、ekクロススペースはデザイン的には最も好みです
ホンダセンシングは、オートブレーキホールドもありカメラとミリ波で、この中では最も優秀だと思いますが、そもそもN BOXはマイナーチェンジの具体的な噂すら出ておらず、来年夏に出ているのか という根本的な部分が気になります すぐにでも出してくれればそれはもう一番買いたいのですが、、、

最後は発売時期の話にズレ気味ですが、質問としては、冒頭記載のとおり、軽自動車の自動ブレーキ性能に限定した質問でございます 最も安全な自動ブレーキは。日本の自動車アセスメントによる最新の試験結果を基に。自動
ブレーキの夜間性能で競う各社の取り組みをこれらの車両には及ばなかったが
。日産の軽自動車「デイズ」とドイツ?フォルクスワーゲンの

自動ブレーキの比較?ミリ波レーダーとは。自動ブレーキを装備したクルマを選ぶときの注意点や。自動ブレーキ搭載車の
仕組。実際の作動の精度。作動プロセスの比較をご紹介自動車保険のよくある
ご質問自動ブレーキは。今や燃費性能と並んで新車の評価要素としてトップに
挙げられるほど。私たちユーザーの関心を集める装備となりました軽自動車に
は。これつで前方の障害物を検知する自動ブレーキを採用している車種も
あります。軽自動車の安全性能はここまで進化。いまや新車に欠かせない装備といえば。障害物を検知して衝突が避けられないと
判断するとクルマが自動的に今回は。いまや欠かすことのできない安全装備「
衝突被害軽減ブレーキ」について解説していきます。ちなみに号車はボルボ
で。知名度を一気に高めたのが翌年登場したスバル レガシィの「アイ
衝突被害軽減ブレーキは飛ぶ鳥を落とす勢いで普及すると同時に。システムも
どんどん高性能化。決してどれもが同じなんてことはないのだ。

劇的に進化している軽自動車の“安全性能”人気の5車種を比較。そこで。軽自動車の安全装備について。売れている人気の軽自動車車種で比較し
てみよう。上記のように。軽自動車の緊急自動ブレーキについては。車両だけ
でなく歩行者の検知もいまや一般的になっていることがわかる安全装備と運転
支援機能の順位を付けると。位が-。位と位はタントとデイズが同
ランクで。位それが。わずか年半の間にほかの軽自動車に先んじられた
ということからも。軽自動車の安全装備がここ数年の間にどれだけ急激に安全性能ホンダN。-エヌボックスは。ホンダの先進安全技術「 」が全車
に標準装備された初の軽自動車。これは。自動ブレーキ機能や誤発進抑制装置
などの安全運転支援システムを搭載する自動車の愛称で。国土交通省や経済産業
以下。対歩行者の場合約/以下の速度が作動条件となっていることを
考えると。ホンダの衝突軽減ブレーキはかなり高性能と考えていいでしょう。
一番危険とされる助手席には幅の広いエアバックをセットし。高い効果を発揮し
ます。

『軽自動車の自動ブレーキについて。今年の夏じゃなくて来年の夏なのね?そしてスライドドアね!長文になりますが
読める時じっくり読んでください! 来年の夏ですので。上記①~③の条件すべて
を満たす車種として。 ①タント今年月で次世代スマアシ搭載Vol。自動車税もコンパクトカーの年額万円に対し軽乗用車は万円で安い。
駐車スペースだって取ら性能の良い軽自動車を選ぶなら。衝突安全性や自動
ブレーキ性能はコンパクトカーと遜色無いと考えていい。軽自動車。選ぶモデル
で2020。夜間の歩行者や昼間の自転車にも対応している高性能な自動ブレーキを搭載。
その他のホンダセンシング機能については-とほぼ同じだが。大きく異なる
のが前走車追従式クルーズコントロールだ。

今年の夏じゃなくて来年の夏なのね?そしてスライドドアね!長文になりますが読める時じっくり読んでください!来年の夏ですので、上記①~③の条件すべてを満たす車種として、①タント今年7月FMCで次世代スマアシ搭載②デイズ/ekスペース今年3月FMCでプロパイロット搭載③N?BOX今年7月FMCしたN?WGNと同じホンダセンシング搭載が考えられます。新型タントに関してはあなたも勉強されている通り1番やっちゃいけない事してますね!それは現行のプリウス状態です。せっかくの全速度域ACCなのに従来の足踏みPパーキングブレーキ式なので渋滞時の保持機能が働かず完全フルオートのACCではない!非常にモヤモヤ状態の中途半端です。カローラスポーツやC-HRは電動Pですしハリアーはマイナーチェンジで電動P化した。しかしプリウスはスッキリ顔マイナーチェンジでも電動P化はやらなかった。ダイハツDNGA第1号車タントがこの方針なら先が思いやられます。これをベースに次期新型ムーヴやウェイク、キャンバスのような新型スライド車種が生まれるからです。電動Pぐらいケチるなよ!と言いたい。この時点で日産,ホンダに負けてますし、しかも新型タント中途半端ACC装備はカスタムRSターボとXターボグレードのみってね~NA車は無し!7月15日までの受注先行予約で特典!と受注を急がせているわりには進化版スマアシⅢにはやっと夜間歩行者対応になってるのかは一切公表しない!現在1番自動ブレーキ衝突被害軽減ブレーキ性能で遅れているダイハツなのでもうさすがに夜間歩行者対応機能は付いてると信じたいのですが不安です!正直私新型タント期待してたので、やっぱり内装の質感や外装デザインも私は嫌いじゃないですし正にトヨタが作る軽四なので1番好きな分怒りも多くなりますね。でもこんな事知らない方やこだわならい方にはやはり新型タントです!売れるでしょうね!一応今年2019年年末予定と見ましたが、もう来年の夏には日産も新型スライドドア型デイズルークス/ekスペースがデビューしてるでしょう!先に出た新型デイズ/ekの自動ブレーキは夜間歩行者対応では無いようです。しかし私は間に合わなかったのでは?と分析してるのですが、昨年年末に国交省JNCAPが初めて新夜間自動ブレーキ試験動画を公開した時、旧型ルークス/ekスペースは夜間試験に参加しました。JNCAP夜間試験動画この単眼カメラはドイツのZF社製で画像処理チップはイスラエルのモービルアイ社インテル昼間の性能は無敵ほど成績がいい昼は強いが夜はめっぽう弱い!とこの試験で暴露されました!この単眼カメラ型自動ブレーキはセレナやノートも同じです。同じ軽四でも小さな12インチ鉄ッチンホイール軽箱バンのホンダN-VAN夜間自動ブレーキ性能がズバ抜けていたのも驚きでした!日産はこれではマズイと思ったのかシステム改良し、ぶっちゃけちょっとイジリました!いまさら別に新型車でも全くないのについ先月ノートが再び見て見て~とJNCAP試験動画を公開しました。モービルアイ改ノートJNCAP動画日産もちょっとイジった事を認めております!記事カメラで撮影した画像と照合する教師データとして、JNCAPの試験条件に合ったものを用意したことで、夜間の歩行者を認識しやすくなったという。日産はこの改良カメラを使う自動ブレーキを、他の車種にも搭載する計画である。JNCAPの試験条件に合ったものを用意したことでがなんか引っかかりますが、まあなんせJNCAPではいい成績が取れるように改良したわけです。ノートはもう長いのでこれでJNCAP3回目の試験です。日産ってカタログや車両HP上にいつから夜間歩行者対応になったなど一切記載しない勝手に変更するので全くわからないんです!私はこのノート改良に新型デイズ/ekは間に合わなかったのでは?と分析します。JNCAPでは夜間試験ともう1つ新たに試験項目を増やしてます。それは現在社会問題となっているペダル踏み間違い防止機能試験です。これは速度域が高いカメラやミリ波レーダーの自動ブレーキ性能とは全く違いバンパー内に内蔵する音波センサーが壁や障害物に跳ね返り停止させる簡易的な機能ですが、ノート改良ではこれも日産は進化しており優秀です!ホンダはこの機能ダメで弱いのです!まあ他のメーカーもトヨタ以外あまり頼りにならないのが現実です。JNCAPペダル踏み間違い試験ちなみにこれは車庫入れ時も関係する機能ですあなたは大変勉強されてるな~と思うのがプロパイロットマイパイロットは、単眼カメラのみという点で、他社に劣るように見えますそうです!日産は単眼カメラ1つで十分!とたった1つの単眼カメラで自動ブレーキシステムやプロパイロット制御もすべて行います。しかしマツダはカナダのマグナ社の単眼カメラを使用し日産と同じモービルアイを使いますがもう1つの武器ミリ波レーダーも装備します。両眼カメラステレオカメラは縦方向はかなり遠方まで捉える性能は高いのですが単眼カメラに比べ横方向視野が狭い為、急な歩行者跳びだしJNCAPでは遮蔽物試験ですが無敵だったスバルアイサイトでも日産マツダのモービルアイ勢が子供ダミーでも遮蔽物成功し満点を獲りだし、さすがにアイサイトはこの遮蔽物試験では点数が獲れず一時スバルが苦戦したのも事実です。よって単眼カメラ+ミリ波レーダー方式がトヨタやホンダ、マツダとセオリー通りこのシステムですがでも日産は単眼カメラ1つだけです。2016年JNCAP試験で日産セレナとマツダアクセラの2台が初めて満点を獲得し当時まだトヨタやホンダは満点を獲れる性能ではありません。この年新型セレナのプロパイロット性能に世間が注目してた頃ある事件がおきました。セレナ試乗中の追突事故です。これはお客運転プロパイロット試乗中、営業マンがブレーキは踏まないでくださいちゃんと停止しますから!と時速40kmから信号待ち車両に追突しむち打ち怪我を負わせ日産ディーラやセレナ運転客まで書類送検された事件です。この事故は年末暗い夕方で雨、追突車両は黒色、確かに自動ブレーキ性能には過信出来ませんが日産マニュアルでは夜間で降雨時の試乗一般道でのプロパイロット機能の使用を禁じていました。私はもしセレナにもミリ波レーダーを装備していればどうなっていたのか?日産は確かにJNCAPでは満点を獲得します。しかし試験場は同条件でもちろん天気は晴れの日しか試験しません。日産は試験を100点のみ獲れる子は育てますが世間の荒波に放り出されると雨もあれば夜もあります。そこがJNCAPの試験勉強ばかり詰め込み急遽高得点を獲得したノート改も私は気になりますが新型デイズルークスにはもちろんこの改良型が搭載されますね。N-BOXは今年2019年9月で2年目を迎えます。単純にもうこの時点でマイナーチェンジ時期ですが私は全くこの情報は知りません。ただこれは先月本田技研公式回答で確認取ってますが、現在日本一売れているN-BOXですがホンダセンシング自動ブレーキはまだN-VANや新型N-WGNのような夜間歩行者対応ではないという事です。中にはN-BOXも夜間歩行者にもう変更されたという意見もありますがマダです!ホンダも変わった会社で自動ブレーキ性能に関しては例え400万円近いオデッセイハイブリッドでももっと高額なレジェンドでも値段関係なく新型車種にならない限りシステムは古いままなのです!ホンダは2017年に新型車種2台デビューしました。それがN-BOXとシビックです。この2台からJNCAP試験でいままでのホンダセンシングとは明らかに違う高得点を獲りました。この新型2台から以前の性能が劣る日本電産製カメラからドイツのボッシュ製カメラに変更しました。そして昨年2018年8月ホンダ夜間歩行者第1号車のN-VANがデビューしCR-V、新型インサイトが夜間歩行者対応型です。よって最近5月にシャトルもマイナーチェンジしましたし他の車種もしてますがようは2017年以前からある車種のホンダセンシングはすべて古いままでカメラ性能が劣る日本電産製をいまでも使うのです年末JNCAPにN-VANが夜間試験してオデッセイが昼試験しか行っていないのが証拠です!よって現時点電動パーキング化され時速0~130kmまで設定可能な全速度域ACCを装備し夜間歩行者対応はもちろん今回から自転車にも対応する最も高性能で最新ホンダセンシングを搭載するのが価格Gセンシング127万円で買える新型N-WGNという事になります!もちろんN-BOXもマイナーチェンジされますが通常常識であれば他社ならN-BOXも新型N-WGNのように電動P化され夜間歩行者対応させ進化させるのが当たり前です!日産の知らない間に勝手に進化させるのもどうかと思いますがまだ進化しているのでマシかな、しかしこのホンダの頑固というか出来るタイミングがあるのに一向にしない非常に疑問な会社です。あなたはN-BOXに新型N-WGNの内容に変われば1番欲しい!気持ちは重々理解出来るのですがマイナーチェンジに関して本当に進化させるのか私もわからなくなってきました!来年の夏までにまた新しいものが出てくるので、そのころ検討し直してください。馬鹿じゃなかろか?1年も経てば、車の安全装置の性能は大きく変わる現時点でどうこう言っても無意味だよ

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です