新聞雑誌掲載 池袋での事故と神戸での事故について質問があ

新聞雑誌掲載 池袋での事故と神戸での事故について質問があ。?1?高齢者が運転を誤り、人を殺害した事件は、これまでにも沢山ありました。池袋での事故と神戸での事故について質問があります 池袋で事故を起こした飯塚幸三氏は逮捕されていませんよね 一方神戸市で事故を起こしたバス運転手の大野二巳雄容疑者は現行犯逮捕されました 同じ交通事故ですが、飯塚幸三氏は自身も怪我をしており、入院が必要な為現行犯逮捕はできないみたいですが、退院後も取調べに耐えうる体調でない為、逮捕されず在宅捜査になると聞きました また、逮捕には逃亡や証拠隠滅のおそれがあることが認められないといけないですよね そうなると飯塚幸三氏が逮捕されないのも分かります ただ大野二巳雄容疑者は現行犯逮捕されました 大野二巳雄氏は入院することもなく、逃亡や証拠隠滅のおそれがあると判断されたから逮捕されたのでしょうか 入院していない為、逃亡や証拠隠滅をすることは可能ですが、おそれがあると判断される基準はなんなのでしょうか それとも逃亡や証拠隠滅が可能な時点で逮捕確定なのでしょうか また、在宅捜査となっている飯塚幸三氏が今後在宅捜査の条件を破った場合逮捕される可能性はありますでしょうか 池袋事故で加熱する上級国民叩きの深層。東京?池袋で乗用車が暴走し。母子人が亡くなった。この事件をめぐり車を運転
していた男性に対し。「現行犯逮捕されなかったのは。”上級国民”だからだ」
という憶測が出回っている。その理由について。文筆家の御田寺圭

新聞雑誌掲載。実話お客様の声よくある質問2019年4月。池袋で車の暴走事故が起き
。2人が死亡。8人が重軽傷を負いました。 この事故の被告で旧通産省公判の
中で。被告は遺族に「おわび」したものの。過失運転致死傷罪については。無罪
を主張しました。 自分には過失は映像が決め手になって。過失割合がゼロと
立証できたケースがあります」 「従来は証言神戸。迷って進入か- 年
月逮捕されないのは「上級国民だから」なのか。池袋の暴走では。事故を起こした歳の男性は逮捕されずに「さん付け」で報道
され。神戸の暴走では。バス運転手が自動車運転このハンドブックでは
事件?事故報道での呼称について。以下のように記している。

質問:池袋の暴走事故についてどうお考えになられまし。先日の池袋で発生した。歳高齢ドライバーの運転する車によって母子二人が
死亡した事故の件についての質問です。 ?この事故と事故をそれに対して神戸
のバス暴走事故の運転手は即逮捕。呼称は「容疑回答は各僧侶の個人的な意見
で。仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答から池袋暴走事故。池袋暴走事故。万筆の署名が逆効果になるおそれも 送検された元院長の今後は
もし検察が勾留請求をしても。裁判所で行われる勾留質問の際に裁判官が被疑
者の姿を直接目にする。ただ。こうした点についても。警察が丁寧に説明し
ていないため。一般の人に対して「上級国民」に忖度そんたくして送検を
遅らせた過失運転致死傷罪の最高刑は懲役年だが。先ほど挙げた神戸市営
バスの運転手に対する求刑が禁錮年だったことからすると。今回の男

娘が好きだった公園で。東京?池袋で高齢者が運転する乗用車が暴走し。自転車に乗っていた松永真菜
さん31と長女莉子ちゃん3がはねられて死亡し。8人が重軽傷を負っ
た事故で。真菜さんの夫が23日夜。代理人弁護士を通じて2…よく
ある質問総合ガイド マイページ 有料会員真菜さんの夫は。写真の公開
について「高齢者による同じような事件が二度と起こってほしくない」との思い
を説明しているという。半世紀ささえた神戸の団地 住民とURはいま池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは。東京?池袋の道路を乗用車で暴走し死傷者が出た事故で。運転手の飯塚幸三氏
が「逮捕されない」ことへの疑問がインターネット上で絶えない。事故
翌々日にそのため。警察が逮捕しようとしても。逮捕の必要性が認められない
可能性もあります」 その上でこうした点から。坂口弁護士は池袋と神戸の
自動車事故で逮捕の判断が分かれたことについて次の見解を示している。

池袋暴走事故。東京?池袋で年月。車を暴走させて母子人を死亡させ。他人に重軽傷を
負わせたとして。自動車運転処罰法違反過失致死傷の罪に問われた旧通産省
工業技術院の元院長。飯塚幸三被告の第回公判が月日。東京

?1?高齢者が運転を誤り、人を殺害した事件は、これまでにも沢山ありました。川端清勝という高齢者は事故当時怪我を負っていたにもかかわらず、当日中に逮捕されています。また、ご指摘の三ノ宮のバス運転手の事故の場合は、証拠隠滅や逃亡の恐れがないのにすなわち逮捕する必要がないのに現行犯逮捕されましたよね。 三ノ宮のバス運転手に限らず、交通事故を起こした人が現行犯逮捕されたという事実は、しょっちゅうテレビで報道されています。? この違いは、警察官僚に圧力をかけられるだけの巨大な権力を持っているかどうかです!?2?飯塚幸三は巨大な権力を持っています。具体的には飯塚幸三は、元高級官僚だったために、アチコチにいろんなコネクションを持っているのです。このコネクションを使えば、警察官僚は、より給料や退職金が高額な天下り先を、飯塚幸三の口利きで斡旋してもらえます。そこで、今回の事件では、中村格警察庁長官官房長達は、自分の部下に圧力をかけ、事件のもみ消しを図ります。そうやって、この事件を自分達のために利用して、飯塚幸三に「恩」を売っておくのです。そうすれば「恩」を売った警官は、退職後、より有利な天下り先を飯塚幸三容疑者から、あっせんしてもらえる可能性が高いのです。1番下の写真を見て下さい。 中村格警察庁長官官房長のみならず、安倍内閣情報官の北村滋や目白警察署長が現場に来ています。普通現場検証に、こういった警察官僚が来ることはありませんよね。これは、飯塚幸三容疑者から携帯電話で呼ばれて、事件を揉み消すためにやって来たのです。 元官僚などは、警察やマスコミに特別なチャンネルを持っています。だから裏から手を回すことが出来るのです。ちなみに、こういう場合、交通事故の隠蔽に加担した警官は、その見返りとして、上司の警官からタダで行けるソープランドの回数券をもらいます。警官は妻子に隠れて賄賂の回数券をもらってタダで、ソープランドに通っているのですよ!?3?「飯塚幸三は、医者から運転を止められていました。そして、両手に杖を持たないと歩くことすらできない輩が車を運転したのですから、 未必の故意 が成立します」ですから 正しい裁判 が行われれば 未必の故意による殺人罪 により 死刑 になることが妥当です。飯塚幸三は、2人を轢き殺して、目の前に、自分が轢き殺し損ねて、苦しんでいる人が、10名以上いるのに、自分が轢き殺そうとした「被害者」の命を救うために救急車を呼ぶよりも先にまず、自らの 死刑 を免れるために、自分は起訴されても「微罪」にしかならないように警察に圧力をかける電話を警察官僚にした、冷酷かつエゴイスティックな非人格者です!? 世間が問題にしているのは、この点が、とても重要だからです。?4?以下、 正しい裁判 が行われれば 未必の故意による殺人罪 により 死刑 になることが妥当であることを、論証します。「そもそも法律というものは、規範を明らかにしたうえで、規範を事案に当てはめて、結論を出す」という論理的思考をとらなければなりません。法律学が、広い意味での論理学に含まれるのは、このためです。この論理的思考をとらなければならない点は、実務でも同じです。そこで、本件でも、この法的三段論法を使って、論証をしてみましょう。① まず未必の故意とは???「たとえば、自動車の運転者が、通行人を傷つけるかもしれないが、傷つけても仕方がないと考えて、通行人の傍らを高速度で走行する場合のように、結果の発生自体が確実ではないが、発生するかも知れないことを表象し、かつ、発生するならば、発生してもかまわないと認容ここは、故意の内容について認容説を前提としているので認容があればよいことになりますする場合」を言います。大正の判例と同旨 ? 刑法概説改訂版 大塚仁著 184頁 ?② 次に事案を確認します。飯塚幸三は、医者から運転を止められていました。そして、両手に杖を持たないと歩くことすらできない状態でした。③ さて事案に規範をあてはめてみましょう。飯塚幸三は、医者から運転を止めら、両手に杖を持たないと歩くことすらできない状態だったのですから、「もしかしたら足が不自由な高齢者である自分も、運転を誤って人を轢き殺してしまうかもしれない」という配慮が働いてしかるべきです。なぜなら、これまでにも高齢者が運転を誤り、人を殺害した事件は、たくさん報道されていたからです。例えば川端清勝という高齢者は人を轢き殺した事件当時怪我を負っていたにもかかわらず、当日中に逮捕されていますつまり飯塚幸三は、当然、足が不自由で医者からも運転をしないようにと言われていることを表象しているのですから、自分が人を轢き殺してしまうという結果の発生自体が確実ではないが、発生するかも知れないことを表象していたと刑法上、評価しうる立場に置かれていたのです。そのうえで、かかる表象があったにも関わらず自動車を運転したという事は、人を轢き殺してもかまわないという認容があったと言わざるを得ないのです。以上から、飯塚幸三は、「 結果の発生自体が確実ではないが、発生するかも知れないことを表象し、かつ、発生するならば、発生してもかまわないという認容 」があったと言え、未必の故意による殺人罪が成立するのです!ここでは、「認識ある過失」との区別が問題となりますが殺意という内心は、外から見ることは出来ないので、客観的に行為者がとった行為によって殺意を認定します。例えば、心臓をアイスピックで突き刺したら、本人が殺意を否定しても裁判所は、殺意を認定するのが実務です。これに対し、腕を刺したら、殺意は否定されます。飯塚幸三容疑者の場合も同じことが言えます。高齢者が自動車の運転を誤って人を殺害した事件は、過去に多くあります。また、ただ単に高齢者だったというのみならず、医師からも運転を控えるように、と言われていたのですから、未必の故意についての「 犯意は罪となるべき事実の認識予見があれば足り、その認識予見も確定的である必要はない。犯意ある行為とは、罪となるべき事実の発生を予見しながらあえてする決意の実行をいう 」大正判例に従えば、車を運転する以上、罪となるべき事実の認識予見はあると言いえるのですから、その認識予見が確定的でなかったとしても、罪となるべき事実の発生を予見しながらあえて車を運転する決意の実行があった以上、未必の故意は、認められるのであって、「よもや、自分が車の運転を誤って人を殺すことはなかったと思っていた」という言い訳は、『 権力から圧力を受けていない 』裁判所が認めることはありえないのです。◆◆◆ 以上から、飯塚幸三に 「認識ある過失」が成立する可能性がある という回答をおこなっている輩がいますが、これは実務的には間違いです! ◆◆◆?5?>在宅捜査となっている飯塚幸三氏が今後在宅捜査の条件を破った場合逮捕される可能性はありますでしょうか?在宅捜査を妨害すれば、公務執行妨害罪が成立する余地があります。しかし、これまでに述べたように、警察官僚は自分達の天下り先確保のために、飯塚幸三を微罪にしかしませんから、逮捕されるような事態は起きないでしょうね。余談ですが???オウム真理教事件の黒幕は警察と政治家だったという話について詳細を教えて下さい本当は、交通違反をしていないのに「違反した」とウソをついて反則金を巻き上げようとする警官から身を守る方法を教えて下さい飯塚が警察や司法にも顔が利くお偉いさんだから逮捕されないだけ。逃亡の恐れとか、ただの建前。あのオッサン、どう転んでも逮捕されないよ。起訴すらも危うい。本当に無罪放免で持って行く気だ。これじゃあ被害者が浮かばれない。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です