明日8日慰安婦裁判判決 もしも徴用工問題で韓国側の要求に

明日8日慰安婦裁判判決 もしも徴用工問題で韓国側の要求に。韓国は北の高官を呼んで徴用工などの問題について協議していました。もしも徴用工問題で韓国側の要求に応じて倍賞した日本企業は日本でいじめられますか 韓国「賠償応じるなら穴埋めする」。大法院判決を尊重するとの文在寅ムンジェイン大統領の意向を踏まえ。今春
に穴埋め案を打診したが。日本政府側は「企業の支出が補塡ほてんされても
。判決の履行には変わりなく。応じられない」と回答した。 議論韓国。韓国外務省は19日。韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り
。日韓両国企業が資金を拠出して賠償金を支払う案を日本政府に提示したと
明らかにした。ただ。日本側は即座に受け入れを拒否した。政府。日本政府は韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟をめぐり。
差し押さえられている日本企業の資産が売却された場合。韓国政府への損害賠償
請求を請求権問題の完全かつ最終的な解決をうたった年の日韓請求権協定
を根本的に覆すためだ。韓国大統領府高官は日。「特別な回答はないと理解
している」と述べ。日本側の設置要求に応じない考えを明らかにした。

明日8日「慰安婦裁判」判決。元徴用工問題がまだ片付かないうちに今度は日本政府を相手にした元慰安婦の
裁判問題が日韓の新たな懸案として日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国
の大法院最高裁判決が日韓関係悪化の主たる原因となっているが。免除
されるとする「主権免除」の原則を盾に「訴訟は却下されるべきである」と主張
し。訴訟には応じなかった。辺真一「光州の経験から韓国市民は特別な関心
」。市民団体が韓国政府にミャンマー民主主義支援措置を要求徐台教韓国「日本企業の資産差し押さえ」。元徴用工への支払いを日本企業に命じた判決に。自衛隊機へのレーダー照射。
韓国国会議長が繰り返した“天皇謝罪”特に元徴用工の補償問題では。すでに
韓国の裁判所が新日鉄住金。三菱重工業の資産差し押さえを認める判決を下し。
日本企業はいよいよ実害を被る事態となり。企業に韓国側の賠償命令に応じ
ないよう要求してきた日本政府として自民党は月日の外交部会?外交調査
会で。日本企業に賠償命令を下した判決への対抗措置として。韓国への「

元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定。日本政府は「旧朝鮮半島出身労働者」と呼称が日本企業に対し損害賠償の
支払いを求めて韓国の裁判所に提起したいくつかの訴訟談話など。韓国は
協議要請日韓請求権協定条項にも仲裁付託同項?項にも応じておら
ず。この問題をめぐる日韓両国のまず。日本と韓国は。韓国?韓国人が日本?
日本人に対して要求できるかもしれないすべての事項について交渉したのでは
なく。その徴用工。いわゆる「徴用工」裁判についての。韓国大法院 年 月 日判決以下
。 年 判決に対する日本側の反応だ判断が為されている。 本件で問題と
なる原告らの損害賠償請求権は日本政府の韓半島に対する不法な植民地

韓国は北の高官を呼んで徴用工などの問題について協議していました。接収した工場等の財産の内にある 人権等の権利のバーターとおもわれます。法律を守るって事が重要。つまり、日本企業は法律を守り、払ったらいけません。日本企業は、証券法あり、企業の利益を他人朝鮮人に恐喝されて払ってはいけません。犯罪ですので、南朝鮮人の要求に応じて支払うと社長も経理担当も逮捕されます。会計法でも、南朝鮮側の要求に応じて、損害賠償を経理処理したら、会計法違反で、日本企業の会計担当が逮捕拘束されます。イジメはありませんが、日本国の法律により、司直の管理下に日本企業が置かれます。そりゃいじめられるでしょうなぜなら韓国に進出した日本企業は軒並み訴訟を受ける前例を作ってしまったのですから一番困るのは 韓国政府と日本政府と韓国政財界。だから日本企業は応じない。これは 個人の請求権と外交保障権の問題。韓国司法の判断が正しいと言う事になれば何が起こるか?日韓両政府で取り決めした条約により 日本企業や日本人が放棄した資産は60億ドルと言われている。その資産に対して 損害賠償を請求しても良いと言う話になる。韓国政府 日本政府 韓国企業を相手取って 当時の資産を返せ解せないなら 保障しろ 保障できないなら賠償しろ そういう請求が出来ると言う話になる。そして 韓国司法はそれを認めなければならない。それを認めなければ韓国の司法は二枚舌だと言う話になる。それは条約そのものが無意味だったと言う結論になる。誰が一番困るのか???韓国政府と韓国企業 そして日本政府。この判決には従ってはいけないと 両国政府から圧力がかかっている。そんな会社は出ませんから、大丈夫です。今回は足並み揃えて絶対に妥協はしません。みんな本気で怒っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です