最近知恵袋内で209系2100番台が武蔵野線へ転属とい

最近知恵袋内で209系2100番台が武蔵野線へ転属とい。恐らくガセと言い張っているkan********様と言うのは恐らく私のことでしょう。最近、知恵袋内で209系2100番台が武蔵野線へ転属というのはガチという声とガセという声がありますが、どちらが正しいのですか
共通している部分は2019年に相鉄線と埼京線が直通運転するに伴 い横須賀線が減便するところまでですが、まずガチという人(主にaku********様)の意見は

1 先日、JR東日本が東京オリンピック開催に備えて京葉線の増発が決定した(https://www jreast co jp/press/2019/20190704 pdf)ので、ケヨ34編成は転属できない 特に幕張メッセで行われるフェンシング競技は9時開催のため、通勤時間帯の増発は免れない

2 上総一ノ宮はサーフィン競技が行われるので、最短距離である京葉線?外房線の運用は減らさない

3 E217系が置き換えるのは209系2100番台の運用である だかこのままだと編成組み替えをしてもボックスシートやトイレが残ってしまう、そこで桐生に疎開しているハエ63編成と64編成と編成を混合させることでオールロングシート化した上で転属させる 現にハエ63編成と64編成は廃車解体していないので、再利用するのは確定である

4 後術のガセという人の意見であるマト118編成と119編成の転属は、2年前に常磐線の品川直通を増やしたばかりだからすぐの減便はあり得ないので考えられない

次にガセという人の(主にkan********様)意見は
1 増発に関するプレスリリースの内容はあくまで検討中の段階であり、決定事項ではない

2 前述の余剰となったE217系が置き換えられるのは京葉線?内房?外房線直通運用である、現に2011年にもこの話が出ていたので今回で実施する これによってケヨ34編成は武蔵野線へ転属する

3 他にも相鉄線と埼京線の直通運転開始で減便するのは、横須賀線ではなく、池袋?武蔵小杉間で同じ線路を走る湘南新宿ラインであり、これによって余剰となるE231系近郊型やE233系3000番台は上野東京ラインへの運用に回り、常磐快速線のE231系の運用を置き換える(現時点でも小山車は基本編成が1編成、付属編成が2編成余剰車が発生している)
これによって余剰となるマト118編成とマト119編成が武蔵野線へ転属することで仮にケヨ34編成が京葉線へ残留しても、209系2100番台を武蔵野線へ転属させる必要はなくなる

4 他にも前述の通り上野東京ラインの増発によって並走する京浜東北線が減便し、これによって余剰となるE233系1000番台(現時点でも1編成余剰車が発生している)が京葉線へ転属すればケヨ34編成も武蔵野線へ転属できる

5 そもそも209系2100番台は塩害により、他の209系と比べても劣化が進んでいる上、機器更新を施工してからまもなく10年が経過するので再転属する可能性は0に等しい
また、3000番台と混合にしても6M2Tという過剰性能になってしまう上、ハエ63編成と64編成のモハ車はパンタグラフが撤去されている

6 209系500番台は、床下機器こそ209系だが車体構造はE231系に準じている、なので平面車体の209系がくると事実上異なる形式が混じってしまうため、幕張車両センターのメンテナンスが大変になる

7 幕張メッセへのアクセスは、通勤時間帯と言っても比較的空いてる下りであるため、通勤時間帯に無理に増発する必要はない
そもそも幕張メッセへのアクセスを重視するなら、わかしお2号やわかしお4号の運用を終え、幕張車両センターへ回送する車両を臨時特急化すれば利用者側はノンストップで快適にいける、JR側は回送運用を有効活用できる上、特急料金が増収できるというメリットもある
また、上総一ノ宮へのアクセスこそ距離があるので、京葉快速より、特急を増発させた方が良い、車両に関してもE257系500番台が余剰になっているので、この余剰車を有効活用できるチャンスである

8 そもそもプレスリリースの増発は、通勤車両とは書かれていないため、特急を増発させる可能性だってある

長くなりましたが、どちらが正しいのでしょうか (因みに私はガセだと思っています )

恐らくガセと言い張っているkan********様と言うのは恐らく私のことでしょう。おっしゃる通り、幕張の209系が武蔵野線へ転属するのはデマだと思っています。理由に関しては、質問者様が既に質問欄に記載している通りです。また、当初は相鉄線と埼京線の直通運転による横須賀線の運用整理で、ケヨ34編成を武蔵野線へ転属すると決めつけていましたが、昨日のプレスリリースで京葉線も増発を検討しているということから、残留する可能性も否定できなくなりました。だからと言って、質問欄に記載の通り塩害で劣化が進んでいる幕張の209系を持ってくることはありません。それにケヨ34編成以外にも、元ミツ所属のマト118編成と119編成を転属させることも可能だと思います。またこれで上野東京ラインが増発すれば京浜東北線が再び運用削減される可能性もあり、余剰となったE233系1000番台が京葉線へ転属する可能性もあります。こうすればケヨ34編成も武蔵野線へ転属可能です。それに幕張メッセへのアクセスも、平日の下りだったら、車庫への折り返し回送を兼ねて走っている、比較的空いている列車があるので無理に増発する必要はないし、なんだったらわかしお2号や4号の折り返し回送を、海浜幕張まで臨時さざなみ号として走れば、実質の増発回送の有効活用もできます。また、上総一ノ宮も比較的長距離を走る上、日中時間帯の京葉快速は外房線内は各駅に止まるので所要時間がかかります。なので、この区間こそ余剰となっているE257系500番台を使用して臨時わかしお号を増発するべきでしょう。とりえあず何があってもいいように日頃の記録は徹底しておくべしということだな..E217系ちゅわああぁぁぁあああぁん???ぶっちゃけ、ここでどれだけ議論をしてもそれぞれがそれぞれの結論を主張することしかしていないのが問題ですね。というかこのような問いは、確実な正解は中の人の気分で変わるものです。なので、2021年を待て、というのが最適解のような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です