東?南シナ海 南シナ海に浮かぶ南沙諸島は本来は何処の国の

東?南シナ海 南シナ海に浮かぶ南沙諸島は本来は何処の国の。中国以外の、近隣の国の話し合いで分け合うものでしょう。南シナ海に浮かぶ南沙諸島は本来は何処の国の領土でしょうか ちなみに、中国が勝手に占領していますが 視線中国強弁の「南沙諸島」は日本の領土だった。南シナ海のスプラトリー南沙諸島が。元は日本の領土だったことをご存じ
ですか。南沙諸島の領有権を中国と争っているフィリピン。ベトナムといった
沿岸国はもとより。日本や米国など多くの国々が中国を批判してい南シナ海仲裁判断の意味。その一方。本仲裁判断は。南シナ海に浮かぶ島嶼に対する主権の問題や。国間の
海洋境界画定の問題には触れないことを明言しています。そのため。本判断は。
スプラトリー南沙諸島やスカボロー礁といった島嶼およびその周辺海域
に対する中国の主権?領有権を否定したそもそも。南シナ海紛争の核心で
あるはずの主権?領有権問題に踏み込まない本判断に。何の意味があるのでしょ
うか。

中国による岩礁等の埋め立てに関する法的?地政学的観点からの。また戦略的辺彊といって。中華人民共和国には建国以来。国力増大に伴って戦略
的な国の境界辺彊をどんどん外に拡大していくという海軍戦略がある。
さらに南シナ海の島嶼において。南沙諸島で領土領海を争っている国々の中で
滑走路をオーストラリア。何世紀も前から領有権があると主張する中国は近年。南シナ海の南沙諸島で人工
島に基地を建設している。 ブルネイやマレーシア。フィリピン。台湾。
ヴェトナムは中国の主張に反発している。中国を批判する東?南シナ海。中国の「九段線」と周辺国の対立 南シナ海の南沙諸島は。日本が第次世界大戦
後に領有権を放棄したが。年代に海底油田の発見

南シナ海に浮かぶ南沙諸島は本来は何処の国の領土でしょうかの画像。

中国以外の、近隣の国の話し合いで分け合うものでしょう。大昔に先に自分たちが決めたから、というのは勝手な言い草分かりません。ですが支那の領土でないのは確かです南沙諸島はベトナム、フィリピン、マレーシアなど周縁の国々も実効支配している島嶼?環礁があり、それらの中には軍事施設も設けられているケースさえあり、激しく角逐しています。だから、単純に「中国が勝手に占領」で理解するのは、歴史?世界情勢を見誤る素になりかねないですよ「本来は」なんて単純に括れないからもめているわけですよ。遺産相続争いや隣地との境界線争いと同じで、それぞれに言い分があります。もちろん、周辺の国々によって領海の主張範囲が違いますので例えばブルネイの主張範囲はケーキの切り口のような形状です、その意味でも「南沙諸島は」を主語にどこの国に帰属するか語ることはできないのですよ。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です