片山大臣の看板 片山さつき地方創生相の書籍を宣伝するため

片山大臣の看板 片山さつき地方創生相の書籍を宣伝するため。某隣国人がするような言い訳をする低級日本人です。片山さつき地方創生相の書籍を宣伝するためとして、さいたま市内に設置されていた看板が、同市の許可を受けていなかったことがわかった 朝日新聞の問い合わせを受けた市が設置者に連絡したところ、看板の広告を取り やめる意向を示したという 18日時点で、看板は真っ白になっていた 看板は、さいたま市の浦和駅近くの幹線道路に面した場所にあった 片山氏の国会などでの説明によると、2015年12月に出版された片山氏の著書の宣伝のため、片山氏の関係会社などが16年1月に設置したという さいたま市は条例で、屋外に広告看板を出す場合は市の許可が必要だと定めている 片山氏の看板について朝日新聞が市に問い合わせたところ、広告主である片山氏側か、設置者のどちらかが届け出て許可を受ける必要があるが、許可を受けていなかったことが判明 市が設置者に確認すると、看板を白地にし、屋外広告物の対象にならないようにするとの意向を示したという 無許可で設置されていたことについて、片山氏は「業者に広告費用を払っているだけなので、条例に関する話はうちに来ない」と説明していたと言うニュースがありますが皆さんはどう思われますか 片山さつき氏の書籍を宣伝するためとして。片山さつき地方創生相の書籍を宣伝するためとして。さいたま市内に設置され
ていた看板が。同市の許可を受けていなかったことがわかった。朝日新聞の

片山さつき氏の広告看板を追及。片山さつき地方創生担当相は7日の参院予算委員会で。さいたま市内に設置され
た片山氏の書籍の広告看板が公選法国会で追及された片山地方創生相の書籍の
広告看板=顔写真とともに名前が大きく書かれており「明らかに政治用の宣伝
だ」と批判した。 石田真敏総務相は一般論として。公選法には候補者名を記した
看板への規制があるとした。が。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
開会中の定例会を月日から日まで休会し。審議を一部短縮する片山さつき氏の広告看板を追及。片山さつき地方創生担当相は7日の参院予算委員会で。さいたま市内に設置され
た片山氏の書籍の広告看板が公選法違反の疑いが石田真敏総務相は一般論
として。公選法には候補者名を記した看板への規制があるとした。

さいたま:片山さつき氏の著書看板。片山さつき地方創生担当相の著書の宣伝看板を巡り国会で公選法違反の疑いが
指摘されている問題で。さいたま市浦和区自身の著書名とともに「参議院議員
」と書かれている片山さつき地方創生担当相の看板=さいたま市浦和区東高砂町
設置者が不明なため地権者に指摘した。の参院予算委で国民民主党の足立
信也氏が。公職選挙法に抵触する恐れのある大きさの宣伝看板を設置していると
追及。片山氏は「書籍の広告で政治活動用ではない」と説明していた。片山さつき大臣の看板は選挙違反。片山さつき地方創生担当相がかつて出版した書籍をした看板が。さいたま市内
に年近く設置されたままになっているとして。野党が日の参院予算委員会で
選挙違反では… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト。

片山さつき氏の書籍を宣伝するためとして。片山さつき氏の書籍を宣伝するためとして。さいたま市内に設置されていた看板
が。市の許可を受けていなかったことがわかりました。 朝日新聞の問い合わせを
受けた市が設置者に連絡したところ。18日時点で看板は真っ白になっていまし片山さつき氏の看板。さいたま市内に設置された片山さつき地方創生担当相の書籍の広告看板が。国会
で公選法違反の疑いがあると指摘片山地方創生相の書籍の広告看板7日撮影
と広告が無くなった看板下=19日。さいたま市浦和区さいたま市
によると。屋外に広告看板を出す場合。広告主または設置者から場所や大きさ
などの届け出を受け。市が審査する。駅近くの幹線道路沿いにあり。野党側が
「顔写真とともに名前が大きく書かれており。政治用の宣伝だ」と追及。

「片山さつき」に関連する本?コミック?雑誌。片山地方創生相は「堪」と答えた。つだけしかないとしていたが片山さつきの
本を宣伝する看板が浜松市内の後援会事務所に設置されていた。片山氏は「
著書宣伝のための看板で政治活動のためのものではない」として看板はさいたま
市片山大臣の看板。片山さつき地方創生相の書籍を宣伝するためとして。さいたま市内に設置され
ていた看板が。同市の許可を受けていなかったことがわかった。朝日新聞の
問い合わせを受けた市が地権者に確認したところ。看板の広告を取…

某隣国人がするような言い訳をする低級日本人です。頭が良くても全く人の役に立たない、という代表人物例です。結局は誤魔化し答弁以前に看板の掲示許可すら受けていなかったというお粗末でしょう。”さいたま市”とすれば”地元”なのであきれるより力が抜けてしまうような話でしょう。典型的な「ご飯答弁」は幼稚ではあるが論点をすり替える意図がありかなり悪辣でしょう。法曹界でよくつかうので、指南を受けたのだろうが、あまりにも数多い失態ではどうしようもない。これからもっと出てくるだろうし、もう「地方創生」なんか手につかないでしょうね。嘘の上塗りですね。即刻、退陣すべきです?見苦しいにも程がある。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です