物理基礎です 物理基礎です ガラス棒を絹の布でこするとガ

物理基礎です 物理基礎です ガラス棒を絹の布でこするとガ。陽子は原子核の中に入っており、動くことができません。物理基礎です ガラス棒を絹の布でこすると、ガラス棒が正に帯電した これは、ガラス棒から絹の布に[ア]が移動したためである この[ア]に入る答えは[電子]なのですが、ガラス棒は正に帯電したのに、答えが正の性質を持つ陽子でないのはなぜですか 高校物理「帯電と静電気力」練習編2。物質をこすりあわせて帯電させる問題です。この問題で登場する 「ガラス棒と絹
の布」「エボナイト棒と毛皮」 の組合せはよく出題されるので覚えておきま
しょう。 ガラス棒から絹の布に電子が移動 _ ガラス棒から絹の布
に物理基礎です。第1節。紀元前のギリシャ時代よりコハクは装飾品として使われており, 年には
タレスが,「動物の毛皮でこすると,特殊な的な引力の違いを挙げ,コハク
以外にもダイヤモンド?水晶?ガラス?硫黄などで静電気が起こることを
見いだした。ガラス棒を絹でこすった場合も同様で,絹の方に負電気が生じる
。しかし,従来高校物理では,静電誘導という用語を導体に限って使うことが
多かった。

陽子は原子核の中に入っており、動くことができません。ガラス棒から絹の布に電子が移動したので、ガラス棒は電子不足すなわち陽子の方が数が多くなったので、正に帯電したのです。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です