発電ほぼゼロで収入1兆円 何故原発発電ゼロでも 日本原電

発電ほぼゼロで収入1兆円 何故原発発電ゼロでも 日本原電。何故に1kWも発電していないのに、日本原電の取締役の平均報酬が年3,000万円も有るのか、『東海第2発電所と敦賀発電所1?2号機の計3基を持つ原子力専業の発電会』として存在してあります。何故原発発電ゼロでも
日本原電の取締役の平均報酬は年3000万円もあるの

個人で発電やってる会社と契約したくなってきた 発電ストップでも年間1000億円超の収入。発電会社「日本原子力発電」が保有する原発機とも運転が停止されているにも
関わらず。東京電力などからそして。自民党の河野太郎衆院議員は。年月
日のブログで。電力を供給していた時代よりもなぜか原電側の利益が増えている
と指摘した。従業員人の平均給与額が万円に達していた。人いる
取締役は。計億万円の報酬を受け取って発電ゼロでも利益が増えている
ということは。コストがかからなくなっているからではないのか。日本原電。原発専業の日本原子力発電日本原電は。2013年度も発電量が2年連続で
ゼロだったのに。「販売先」の東京電力など電力5社から計1242億円もの「
基本料金」を受け取っていることが。2014年3月期連結決算でわかりました
。結果として非常勤役員の報酬は1000万円以下とされ。常勤役員13人の
平均は3000万円弱になるというべらぼうぶりです。 この高額

役員一覧。東海村?敦賀など原子力発電所の建設?運営。企業概要?
現在 取締役社長, 村松 衛 取締役副社長, 剱田 裕史 取締役常務取締役, 前川
芳土, 取締役非常勤, 金井 豊常務取締役, 村部 良和, 取締役非常勤, 林
欣吾発電ほぼゼロで収入1兆円。原電は原発を4基保有していたが。2基は廃炉作業中だ。残る2基のうち。東海
第二は11年3月の東日本大震災で運転停止に。敦賀原発2号機福井県原発停止中の日本原電が高利益のカラクリ。東日本大震災と福島第原子力発電所の事故から年目を迎えた。廃炉原発停止
でも社員の平均年収は万円東海第は地元の猛反対で動かす見込みが立た
ない。基とも止まったままなので。この会社も売り上げがゼロ。前出の河野
氏が「なぜ億円が支払われたのか?ところが。年ほど前。原発が動いてい
た時に電力会社が払っていた金額も。年間億円程度でした。

日本原電。原発専業の日本原子力発電日本原電は。2013年度も発電量が2年連続で
ゼロだったのに。「販売先」の東京電力など電力5社から計1242億円もの「
基本料金」を受け取っていることが。2014年3月期連結非常勤役員の報酬
は1000万円以下とされ。常勤役員13人の平均は3000万円弱になる
というべらぼうぶりです。 クラウン なぜ売れなくなった?

何故に1kWも発電していないのに、日本原電の取締役の平均報酬が年3,000万円も有るのか、『東海第2発電所と敦賀発電所1?2号機の計3基を持つ原子力専業の発電会』として存在してあります。そして、主要株主が東京電力 28.23%、関西電力 18.54%、中部電力 15.12%、北陸電力 13.05%、東北電力 6.12%、電源開発 5.37%、九州電力 1.49%、中国電力 1.25%、、日立製作所 0.96%、みずほ銀行 0.71%、三菱重工業 0.64%、北海道電力 0.63%、四国電力 0.61%と既存電力会社9社が共同出資しておるのであり、この発電し無い原発専門発電会社は、既存電力会社から発電の有無に拘らず、半年で700億円=1年で1,400億円超も貰っており、これを電気代として国民から掠め取っているからであります。更に、日本原電の大株主でもある東京、関西、中部、北陸、東北の5電力が日本原電から電気を買う契約を結び、購入電力がゼロでも、原発の維持や管理、再稼働に向けた安全対策費などを負担する基本料金を支払っているのであります。これ等が年間1,400億円超と成っており、社員を含めて高額な給与や報酬を得ているのであります。そろそろゴーンのように逮捕されるべきですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です