躁うつ病についてのQ 退職届の書き方についてです 私には

躁うつ病についてのQ 退職届の書き方についてです 私には。「別紙診断書の通り」で、いいのでは。退職届の書き方についてです 私には持病で双極性障害があるのですが、主治医より今の職場(ペットショップ)を退職しない限り、寛解には到底近づけないでしょうとドクターストップを掛けられました なのであえなく退職せざるを得ない状態になってしまったので、上司に申し伝えたところ?退職届書くにあたり、原因がハッキリ分かっている場合、一身上の都合と簡潔な理由はやめてください どんな病名なのか どんな症状で辞めるのか 等詳細を書き、提出して下さい?との事でした その場合どの様に書いたら良いのでしょうか 躁うつ病についてのQ。躁うつ病と友人の病気 自律神経失調症?神経性鬱症と同じなのでしょうか?
いずれも私自身は使わない病名ですので。その先生がどういう意味でこれらの
病名を使っているかはわかりませ

ジェットコースターのように双極性障害と生きてきた15年間の。た松浦さん。双極性障害と付き合いながら。継続して働ける状態までに至った
経緯など。合計回のコラムをお届けします。はじめまして。松浦です。 私は
双極性障害Ⅱ型の当事者で。年月現在で年間疾病と付き合ってきました
。 現在。うつ?です。 初回は歳から歳までの。発症。新卒入社。退職
。独立。そして挫折といったお話をしたいと思います。よって。「病気は
恥ずかしいもの」であると考え。一人で抱え込むことに。 今思えば。自分の気持ちに嘘をつかず。秀俊です。私は普段。うつ病や双極性障害などのある方の復職?再就職を
サポートする会社リヴァで支援員の仕事をしています。双極性障害とは。健康
な人より気分や体調の波が大きく。気分がハイになる「躁」や。「鬱」を
繰り返す病気です。型と型がうつ病について。詳しく知らなかったからこそ
の偏見もあったのかもしれません。しかし。社会人年間で退職回。気分の波
が大きい自分には組織に所属して毎日出勤するような働き方は難しいだろう。

働くことに悩む双極性障害躁うつ病の人向けのWebメディアを。双極性障害を抱える人は。激しい気分の浮き沈みにより。長期にわたって継続し
て働き続けることが難しいと誰にでもある気分の波が。一時的なものではなく
。長期間にわたって落ち込んだり。あるいは上がったりする症状として表れる
病気です。同じ頃。双極性障害が原因で退職していた私に伊藤が声をかけて
くれて私はリヴァのサービス利用第一号もしくはその疑いがある方」を対象に
双極性障害と働くをテーマにしたメディアについてのアンケートをうつでの退職を考えている方へ。うつで退職する際には。退職に至った理由をある程度考えておくことが大切です
。なお。適応障害については別のコラムに詳細にまとめてありますので。興味
のある方は併せてご参照ください。そのため。すぐに退職届を出すなどの
思い切った行動を取りがちです。や就労支援機関など。面接や履歴書の書き方
を指導してもらう際にアドバイスをもらうのもひとつの手段です。

履歴書の健康状態欄の正しい書き方。履歴書の健康状態欄の書き方を知りたい方は。ぜひこちらをご覧いただき。作成
に役立ててください。健康状態に問題がない場合; □持病があり定期的に通院
している場合; □病気やケガで前職を退職している場合下記では。健康状態別
の記載のポイントについて詳しくご紹介しておりますので。ぜひ履歴書を書く際
の参考にして健康であることをよりアピールしたい場合は。「○年間。無遅刻
?無欠勤」と併記することも可能です。退職願?退職届の書き方双極性障害躁うつ病が発症しても仕事を両立できる方法とは。双極性障害躁うつ病の方の仕事における悩みや困りごと。障害とうまく
付き合いながら仕事を続ける方法。就職?復帰?休職?退職時に利用できる支援
制度などについてご紹介しています。支援」「就労定着支援」「相談支援」の
つのサービスを提供し。一般企業での就職や仕事を続けることを目指す障害の
ある方の支援をおこなう就労移行支援事業所です。わたしに合ったサポートを
相談する

「別紙診断書の通り」で、いいのでは?診断書を添えないのであれば、理由書等を添付してもいいでしょう。自由書式で、事情を説明すればいいと思います。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です