都市:コンパクトなまちづくりについて もしかして限界集落

都市:コンパクトなまちづくりについて もしかして限界集落。理屈的には正解ですが、今の国策では現実的にはとても不可能です「限界集落」と呼ばれる地域に住んでいます。もしかして、限界集落とかを廃止して、コンパクトシティとかに集約して行った方が、国の出資は少なくて済むのですか コンパクトシティはスマートシティと何が違う。コンパクトシティが注目されている理由とは 急激な人口減少と高齢化地方では。
人口の減少や少子高齢化と合わせて空き家。耕作放棄地。限界都市:コンパクトなまちづくりについて。地域公共交通と連携して。コンパクトなまちづくりを進めることが重要です
コンパクトシティ+ネットワーク。を誘導し。集約する制度立地適正化
計画制度や。地方公共団体が中心となり。まちづくりと連携して面的な公共
交通

理屈的には正解ですが、今の国策では現実的にはとても不可能です「限界集落」と呼ばれる地域に住んでいます。廃止なんてできません。自然になったこと。勝手な造語です。仮に、今の人口ひとりひとりに、国内のお金を公平に分けても、一年すれば、やはり起業家と、平、ばくち打ちのすっからかん、にわかれてきます。三年すると、楽天,SB、クラスがまた出現しますよ。同じように、人口配分しても、また山奥は住民無くなり、ジュクやぶくろ、目指して集まります。国は国民にうそついて国費増やし、無駄使いし、また増税して、その繰り返しです。もう、日本沈没で今の無人の山奥だけが陸地になるとか、ハルマゲドンしかやり直す機会はありませんが、10年したらまたおなじことの繰り返し。人間の欲望が世界を発展させ、また沈めると思っていますから。えへん。国の出費という点からはそういうことです。財政大赤字なんですから、一人当たりの出費額を検討すべきです。どこも一律にインフラ保証するなんて言うことは、やりたくてももはや出来ません。効率を追求すべき時期です。そうですねただし個人の財産権を尊重してたらそのようにはなりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です