韓国への輸出 韓国に対する半導体の輸出規制って諸刃の剣で

韓国への輸出 韓国に対する半導体の輸出規制って諸刃の剣で。そんなものではありません企業特攻=自爆ですな下請け企業に規制を掛けて困るのはメーカーでないのは子供でも分かりますが全くそうじゃないと思います片刃ですね。韓国に対する半導体の輸出規制って、「諸刃の剣」ですか 韓国に対する半導体の輸出規制って諸刃の剣ですかの画像。韓国への輸出。政府は8日。韓国向けの輸出手続きを厳しくした半導体材料3品目の一部
について。輸出許可を出したと発表した。7月に規制強化を実施して以降で。初
の輸出許可スマホ画面素材など韓国へ輸出規制 徴用工問題で対抗か誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」:日経ビジネス電子版。「韓国に対する半導体材料の輸出規制」の問題が注目を浴びている。「事実上の
禁輸」「輸出規制を発動」といった文言がメディアに踊っているが。本当にそう
か。かつて。経済産業省で貿易管理の責任者をしていた細川昌彦焦点:韓国半導体業界。日本政府は現在。半導体材料の「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォト
レジスト」という3品目について。韓国向けに輸出する場合は個別の取引ごとに
許可するかどうか判断している。そして韓国の複数の業界関係者

韓国への輸出規制って。政府は。韓国に対する輸出の優遇措置を見直し。半導体の製造などに使われる
原材料について輸出の規制を強化します。自由貿易の大切さを訴えていた日本の
方針としては違和感のある政策ですね。 どうして韓国に厳しい対応半導体の国際供給に影響も。韓国への輸出規制は段階で強化する。まず日から。フッ化ポリイミド。
レジスト感光材。エッチングガスフッ化水素の品目で個別の審査や

そんなものではありません企業特攻=自爆ですな下請け企業に規制を掛けて困るのはメーカーでないのは子供でも分かりますが全くそうじゃないと思います片刃ですね。100:0なんてありえないのですが85:15程度なら片刃と言えるでしょう次世代先端を削ぐ意味では片刃です。実は韓国が本当に恐れているのは半導体の輸出規制よりも、韓国の銀行の保証を日本が打ち切るのではないかと恐れているはずです。韓国が海外と貿易をする輸出入銀行は世界で全く信用がなく、それを肩代わりしているのが日本のメガバンクなのだ、日本が第二弾としてこの保証を打ち切れば、韓国はほぼ間違いなくデフォルト債務不履行になる。見方はイロイロあるとおもいますが、私は「諸刃の剣」と思います。もちろん、今回の半導体関係の原材料の輸出管理の厳格化とホワイト国の除外は賛成です。でなかったら、日本の怒りが韓国には分らないでしょう。でも、1.日本でも多くの韓国製半導体を使っている。韓国の半導体が減産になれば、日本以外を優先して、日本へ供給しなくなるので、コストが上がっても他から調達しなくてはならない2.韓国は輸出超過のお客様状態ですが、これから報復の輸入制限や日本製品の不買運動が起こる可能性があり、日本の売上が減る3.これを機会に、日本原材料への依存を減らし、自国製造技術を開発するでしょうから、将来の日本にとってのライバルとして大きな存在になる可能性がある等のデメリットもあると思います。これを機会に、国産半導体が復活すれば良いと思いますが、それだけの投資が可能か疑問です。むしろ規制は相乗効果により、日本により有利に働きますね。つまり、半導体を造る化学物質は日本しか造れない。一方日本は半導体製品を韓国から輸入しているが理由は安いから。そもそも半導体製造は日本初の技術だから、その気になれば国産半導体復活のきっかけになりますね。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です