1つ前に戻る 南海トラフってどれくらいの確率でくるんです

1つ前に戻る 南海トラフってどれくらいの確率でくるんです。過去の南海トラフ地震は、東海から南海までがペアで発生しています。南海トラフってどれくらいの確率でくるんですか 不発の可能性の方が高いですか 1つ前に戻る。予算現額に対して収入済額が過小となっている理由は。証紙収入について。所管
する花城大輔委員 断った理由に関してはわかってないですか。課長 この
特別旅費につきましては。説明の中では米国での調査等って書いてあるんです
しかも。その消防防災ヘリに関しては。今。南海トラフがどうのこうのと言
われる中いつ起きてもおかしくない。実際に。~月日に発生した最大震度以上の地震回数は。前年
同時期に比べて倍と増えております。その中でも長年に渡って懸念されて
いるのが。「南海トラフ地震」です。そこで。本記事では「南海トラフ地震」
のメカニズムと発生見込み。そして対策について紹介します。年月日に。
南海トラフ沿いで今後30年以内にマグニチュード~級の大地震が発生した際
。メートル以上の津波が発生する確率も公表しております。それってもう
古い?

気象庁。地震発生の可能性が相対的に高まっているという評価を行う「南海トラフ地震に
関連する情報」と。これまでの東海地震予知情報との違いは何ですか? 動物や
植物は地震を予知できるのですか? 地震雲はあるのですか? 地震の予知「70%の確率で発生」って。大地震の発生確率はそんな数字の代表格だ。天気予報で降水確率%なら傘を
持って出る人は多いだろうが。地震はどう受け止めればよいか。 聞けば聞くほど
絶望的 「もしそれが来たら。待っているのは。まさに地獄のような世界です気象庁。政府の中央防災会議は。科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震以下
。「南海トラフ巨大地震」というが発生した際の被害この被害想定によれば
。南海トラフ巨大地震がひとたび発生すると。静岡県から宮崎県にかけての一部
では震度7となる可能性がある千年に一度あるいはそれよりも発生頻度が低く
。次に発生する南海トラフ地震を予測したものではないことにも留意が必要です

南海トラフと根室沖の巨大地震。南海トラフの巨大地震が今後年以内に起きる確率がこれまでより高い「%
から%」。北海道の根室沖のマグニチュード8以上の巨大地震の今後年
以内の発生確率は。これまで「%程度」が最大で。「%」が示されたのは
今回が初めてです。また。去年月からは。気象庁が南海トラフ全域を対象に
巨大地震発生の可能性を評価する新たな情報の運用「台風がくる!

過去の南海トラフ地震は、東海から南海までがペアで発生しています。過去の南海トラフ地震※_発生年_再発_地震の名称___地震規模___発生エリア○__684年_***_白鳳地震____Mw8~9_____南海_東海○__887年_203_仁和地震____M 8~8.5____南海_東海△_1096年_209_永長東海地震__M 8.0~8.5______東海●_1099年__3_康和南海地震__M 6.4~8.5___南海___△_1361年_262_正平東海地震__M 8_1/4~8.5_____東海●_1361年__0_正平南海地震__M 8_1/4~8.5__南海___○_1498年_137_明応地震____M 8.2~8.4___南海_東海○_1605年_107_慶長地震____M 7.9~8.0___南海_東海○_1707年_102_宝永地震____Mw8.7~9.3___南海_東海△_1854年_147_安政東海地震__M 8.4_________東海●_1854年__0_安政南海地震__M 8.4______南海___△_1944年__90_昭和東南海地震_Mj7.9_______東南海_●_1946年__2_昭和南海地震__Mj8.0______南海___これらの記録から計算しても、最近の気象庁観測による地震記録から推計計算しても、およそ140年に1度の発生頻度と求まります。しかし「140年に1度」は平均ですから、実際にはもっと早かったり遅かったりします。140年に1度の場合、140年経過した時点での確率はおよそ63%ほどと判っていますから、その上下に「概ね」とする範囲を取ると84年から322年の範囲で繰り返し起きていることになります。最後に発生したのが1946年の南海地震ですから、早い場合は1946年から84年後の2030年頃、遅ければ1946年から322年後となる2268年頃までの範囲で発生することになるでしょうね。=========================なお、政府の地震調査委員会が開設しているホームページの中で、南海トラフ地震については次のように解説されています。- 南海トラフ全体を1つの領域として考え、この領域では大局的に100~200年で繰り返し地震が起きていると仮定して、地震発生の可能性を評価しました。 ところが、そのページを読み進めると「平均発生間隔:88.2年」と記載してあります。● 南海トラフで発生する地震> 平均は「大局的に100~200年」に含まれると考えるべきものですけど、「88.2年」の数値はその範囲から外れてしまっています。この原因は、彼らが使った記録がごく限られたものだけにあると判明しています。● 用語解説 2013年7月「時間予測モデル」政府の地震調査委員会が求めている確率> 更新日時: 10:36:37地震調査委員会で行っている、活断層や、海溝型地震の長期評価で、時間予測モデルを用いているのは、南海トラフの長期評価のみです。南海トラフでは、断層のずれの量の代わりに高知県の室津港の隆起量を用いています。室津港では、宝永地震1707 年、安政南海地震1854 年、昭和南海地震1946 年の3回の地震での隆起量が知られています。時間予測モデルを使うと、次の地震までの間隔は88.2 年となり、3地震の平均発生間隔119.5 年より短くなります。この事については調べてみたのですが、室津港の隆起量による計算は直線性が高いわけではなく、グラフの原点を隠すことで誤差が生じているのを誤魔化しており、さらには串本の記録では成立しない事、地震の震源位置や規模がまちまちであるため、理論的に正しくないことが判明しました。=========================● 140年に1度の確率推移と過去の南海トラフ地震との関係南海トラフを震源とする地震の場合は確実に起こるでしょうから発生確率としては100%で良いと思います問題はいつ起こるかというだけかと過去に起きた記録から周期的にいつごろってだけ南海は90年から150年の周期最後から70年経過してるので20年はまず来ないなんで大騒ぎしてるかってーと南海、東南海、東海地震の3つが数日から数年のズレで連動してることところが、東海が最後の時に起きてないこっちは150年が経過してるいつ起きても不思議でない状態東海から南海ってのを危険視してる南海トラフ地震はあなたの生きている間のいつかに起きる地震です。いつかは分かりません。分かると言っている人はあなたをだまそうとしている人です。南海トラフ地震については気象庁のまとめがわかりやすいです。プレート境界の断層面で何度も繰り返し地震が起きていること、プレートの沈み込みによって毎日ひずみエネルギーがたまり続けていて大きな地震を起こすだけのエネルギーがたまっていること、からいずれ地震が起きると考えられています。政府?地震本部の資料では30年以内に70から80パーセント、30年より後に起きるのは残りの20から30パーセントと推定しています。ネットでは、この地震本部の資料を読まなかったり、読んでも分からなかったりする人が不正確な情報を流していますが、無視しても良いです。知恵袋でも、何度注意されても、自分の間違いを理解できない回答者がいます。気を付けましょう。南海トラフってどれくらいの確率でくるんですか? 不発の可能性の方が高いですか? ID非公開さん?「南海トラフ」「東海地方から紀伊半島,四国にかけての南方の沖合約 100kmの海底にある延長 700kmの溝状の地形。??」コトバンク:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説ではなく、次の「南海トラフ巨大地震」の地震発生確率は『海溝型地震の発生確率値の更新前後の比較算定基準日 平成31年2019年1月1日南海トラフ :時点の評価10年:30%程度20年:50%-60%31%-56% ←2018年:20年:50%程度30年:70%-80%40年:80%-90%50年:90%程度もしくはそれ以上100年:90%程度以上300年:90%程度以上 』です。「南海トラフ巨大地震」の「発生履歴:<この後,2019年で73年>昭和南海地震::M8.0 Mw8.2~8.5昭和東南海地震::M7.9 Mw8.1~8.2<この間,90年>安政南海地震::M8.4安政東海地震::M8.4<この間,147年>宝永地震::M8.6<この間,102年>慶長地震::M7.9<この間,107年>明応地震::M8.2~8.4??」ですので、いつ発生するのかを別にすると「不発の可能性」はありません。参考:「算定基準日 平成31年2019年1月1日領域または地震名:南海トラフの地震第二版?南海トラフ 長期評価で予想した 地震規模 マグニチュード:M8~9クラス、我が国の海溝型注3地震の相対的評価:Ⅲ*ランク、 地震発生確率注1: 10年以内:30%程度、 30年以内:70%~80%、 50年以内:90%程度もしくはそれ以上、 地震後経過率 注2:0.83、平均発生間隔注1?最新発生時期ポアソン過程を適用したものを除く :次回までの 標準的な値注888.2年?73.0年前注1: これらの評価は、算定基準日を元に更新過程を適用。また、色丹島沖及び択捉島沖の地震、十勝沖から択捉島沖の海溝寄りのプレート間地震、千島海溝沿い のひとまわり規模の小さい地震及び沈み込んだプレート内の地震、宮城県沖のプレート間地震、日本海溝沿いのひとまわり規模の小さい地震ただし、宮城 県沖の陸寄りの地震宮城県沖地震を除く、日本海溝沿いの海溝寄りのプレート間地震、日本海溝沿いの沈み込んだプレート内の地震及び海溝軸外側の 地震、相模トラフ沿いのその他の南関東のM7程度の地震、日向灘および南西諸島海溝周辺の地震、日本海東縁部の秋田県沖の地震及び佐渡島北方沖の地震に ついては、ポアソン過程を適用している。 確率値は有効桁数を1として計算結果を丸めて表記している。ただし、10%以上94.5%未満の場合は有効桁数を1とした値に「程度」を付けて記述する。ま た、94.5%以上の場合は「90%程度以上」と記述する。なお、「ほぼ0%」とあるのは、10-3 %未満の確率値を表す。注2: 最新発生時期から評価時点までの経過時間を、平均発生間隔で割った値。最新の地震発生時期から評価時点までの経過時間が、平均発生間隔に達すると1.0と なる。値は四捨五入し、小数点2桁で記述している。注3: 海溝型地震における今後30年以内の地震発生確率が26%以上を「IIIランク」、3%~26%未満を「IIランク」、3%未満を「Iランク」、不明すぐに地震が起き ることを否定できないを「Xランク」と表記している。地震後経過率注2が0.7以上である海溝型地震については、ランクに「*」を付記している。注8: 過去に起きた大地震の震源域の広がりには多様性があり、現在のところ、これらの複雑な発生過程を説明するモデルは確立されていないため、平成25年5月に 公表した長期評価第二版では、前回の長期評価を踏襲し時間予測モデルを採用した。前の地震から次の地震までの標準的な発生間隔は、時間予測モデル から推定された88.2年を用いた。また、地震の発生間隔の確率分布はBPT Brownian Passage Time分布に従うと仮定して計算を行った。」■政府 地震調査研究推進本部「今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧算定基準日 平成31年2019年1月1日」平成現在不発は無いと思う。いつか、明日かもしれないが起こるよ。30年前から発生すると言われ続け、専門家が一切予想していなかった阪神淡路大震災を初め、東北や北海道、九州などの震災が7つ発生しました。ちなみに昔で70%。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です