14/11/01 今年ももうすぐ待降節ですがバッハのクリ

14/11/01 今年ももうすぐ待降節ですがバッハのクリ。René。今年ももうすぐ待降節ですが、バッハのクリスマス?オラトリオBWV248の録音または演奏で一番好きなものをあげてください
名盤名演はいろいろあると思います 私はリヒター盤の大ファンで、1964年録音のミュンヘン?バッハを振ったもの 録音の年代からみると、58年のマタイ、61年のロ短調ミサ、ヨハネ受難曲と大バッハの大作の録音を積み上げてきて、全体のまとまり、録音の進化がひとつ結実した記念碑とみて良いかと思います 今聴いてみると、モダン楽器のオケやビブラートを効かせた唱法などに「古さ」をおぼえる方もいるかも知れませんが、それでもバッハは厳然とそこにあり、他の何物でもない、リヒターのゆるぎなさとともに見直すことでしょう あと、いささかマイナーですが、シュミットガーデン/テルツ少年合唱団の素朴な演奏も捨てがたいです クリスマスオラトリオ解説。明治学院大学文学部?学部長 樋口一氏による「クリスマスオラトリオ」
の解説。クリスマスの前の約週間を。<キリストの降誕を待ち望む>という
意味で待降節というが。バッハの時代のライプツィヒでは。待降節第日曜日以外

20091129。街はイルミネーションの季節…。 だから。こんな待降節アドヴェントが素敵
!2TOPICS☆「クリスマス?オラトリオ」ってどんな曲? …ドイツ木組みの家街道。待降節 第主日 & ミヒェルシュタットのクリスマス市クリスマス?オラトリオ
は世俗カンタータからのパロディ作品なのではあるが。別な見方をすれば#待降節第一主日。゜??* 待降節第一主日ミサアドヴェントクランツ が灯されました?? 全ての
キャンドルに灯りが灯されるまで主のご地下ホール飾り付けが月日に
あります今年はちょっと変えて天井からこのプレゼントボックスを吊すことにし
待降節第一主日 #月第一主日聖餐礼拝 #オルガン奏楽 #バッハ #
カンタータ番より #狩のカンタータ #番目の気分になれるって。 ステキ
です? #クリスマス #教会 #クリスマスツリー # #アドベント #待降節 #待
降節第一主日

Bach。待降節のカンタータ 第回定期演奏会教会カンタータ?シリーズ
バッハ。 カンタータ第番《いざ来ませ。異邦人の救い主よ》
クリスマス?オラトリオ から第部。第部。第部クリスマス?オラトリオ第1部「歓呼の声を放て。おはようバッハ—教会暦で聴く今日の曲—」では。キリスト教会暦で掲載日に
初演された作品を。その日がもつ意味や曲のもととなった月日の顕現日
エピファニーまでのクリスマス降誕節期間の始まりです。バッハの教会カンタータ掲示板。待降節第1日曜日用のカンタータは。初期作のBWV61。第2年巻
ガーディナーも今年で歳になり。音楽家として円熟のときを迎えているのだと
またマウルベスベルガーのマタイ ミサ。ラミンのヨハネ。トーマスの
クリスマスオラトリオと魂を揺さぶる演奏早いもので。今年の暦ももうすぐ
終わりです。

バッハのクリスマス?オラトリオをめぐって。私がドイツに留学していた頃。この時期になると。街中では待降節の
飾り付けがあちこちで見演目は。-が年に作曲した
「クリスマス?オラトリオ」のみ。実はこれ。が前年に別目的
で作曲していた世俗カンタータ「太鼓よ轟け。ラッパよ響け」の第
曲を。歌詞だけ入れ替えてそのまま転用したものなのです。。これは。オラトリオとバッハ自ら呼称していますが。実際は降誕節のそれぞれの
クリスマス?シーズンに突入するわけですが。今日はそのスタートになる待降
節年の待降節第主日には。間違いなく教会カンタータとして演奏され。
は。毎年月に開催されますが。今年は月日~日にボストンで行

René Jacobsの最近の演奏はHMFに録音したものとだいぶ変わっており、できればFBOで再録音して欲しいところですが、2014年にB'Rock Orchestra&RIAS Kammerchorで演奏した録音を持っていますので、とりあえず市販が出るまでそれがメインです。多少「普通め」の演奏が聴きたい時はRalf OttoのConcerto K?ln&Vokalensemble Frankfurtです。独唱陣が豪華で安心して聞けます。昔から曲としては殆ど聴かないです。余りに祝祭的?過ぎる。そんなに目出度い生活をしていないもので笑。それでもリヒターの演奏は歌手も含め仰る通り素晴らしいですね。祝祭的であるが矩?を踰えない。で、他に聴くのはリヒターより古いものです。リヒターと並びバッハをよく聴くリステンパルト。ロッテの弟、フリッツ?レーマン。リヒター同様、50過ぎで急逝してしまいましたが、生きていればリヒターも含めアルヒーフなどかなり状況は変わっていたかもです。ベルリンフィルとの堂々とした演奏。リステンパルトにせよレーマンにせよ、その礎の上にリヒターのあの名演があるのだと思います。古楽器も室内楽などでは好きですが、編成が大きい曲はやはりモダンが贔屓です。それにクリスマスくらい素直で歪んでない演奏で聴きたい笑。オマケ。ヘフリガー贔屓なもんで。

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です