2018年5月 シェール革命で天然ガスは枯渇の心配減った

2018年5月 シェール革命で天然ガスは枯渇の心配減った。シェール革命と言っても埋蔵されている頁岩層からの採掘はコストもかかって一つの掘削井戸がすぐに枯渇してすぐ近くの緯度を掘削して次々と掘削しているのです。シェール革命で天然ガスは枯渇の心配減ったんですか これは原発推進に不利なもの 六稜トークリレー。15.本日のまとめ① シェール革命による新しい潜在能力増加によって原油。
天然ガス枯渇の心配は。当面なくなりました。シェール開発は在来型の油?ガス
田より開発コストが高く。たとえ供給の心配はないとしても~ドル/シェール革命で天然ガスは枯渇の心配減ったんですか。いずれかを含む。シェール革命で天然ガスは枯渇の心配減ったんですか これは鎌田浩毅の役に立つ地学:「シェール革命」のインパクト。米テキサス州のシェールガス?オイルの採掘リグ。米国は「シェール革命」
により天然ガスの輸出国になった エネルギー関連のキーワードに
「シェールガス」がある。シェール頁岩けつがんから採取され

世界のエネルギー情勢の長期展望。必要は発明の母というが。枯渇すると分かれば。石油?天然ガス価格が高騰する
ので。莫 大な投資をしても採算が合うから。必ずまた何か新しいブレイクスルー
が出現するであろ う。 原油価格が ドルしていたものがなぜ2018年5月。東京ガス株式会社が米国から受け入れた。「シェールガス」由来の液化天然ガス
を積んだ船です。「シェール革命」によって世界最大の天然ガス生産国
となった米国。そんな米国から天然ガスを輸入することは。日本

シェール革命と言っても埋蔵されている頁岩層からの採掘はコストもかかって一つの掘削井戸がすぐに枯渇してすぐ近くの緯度を掘削して次々と掘削しているのです。こんなやり方でアメリカは10%埋蔵量が増えたと言う事で輸出国に転じたのですが、天然ガスの主成分のメタンの漏洩が増えて、メタンはCO2の50倍の温暖化効果があり、地球温暖化を強力に推し進める元凶です。このメタン漏洩が採掘量の8%にも上ると言う事で、本来燃焼したら天然ガスは石炭の60%のCO2排出量ですむといってましたがメタンもCO2も温暖化ガスと言う目で見たら石炭の200%のCO2排出量に相当するのです枯渇の心配がなくなったわけでは全然ありません。原発が強力に推進されたら、天然ガスの枯渇は遅くなるとのは事実ですが、いずれエネルギーとしてCO2を排出する化石燃料は使用を停止すべきですがインドや中国などの途上国での需要が増えたら、枯渇の心配は消えるわけではないのです。アメリカでも原発の建設は4基あり、今後は新規原発に踏み切るようですが古い原発も更新して60年更新を決めているのですトランプ大統領は地球温暖化も認めず、それでいて原発推進も良いと言う変な大統領で、原発の代わりにシェールガスと言う発想はありません。さらに石炭産業も保護するのです。御意。北米でのシェール革命、そしてこれから起きようとする日本国に置けるメタンハイドレート革命が、天然ガスの枯渇の心配を減らしたではなく無くしたのであります。 『シェール革命』で何が変わる?日本への影響は?北米ではシェールガスの大量埋蔵でシェールガス革命の享受を受け、アメリカでは104基在る全ての原発と石炭火力、更にはおそらく石油火力も早期に全廃して、全てGTCCに置き換える事と成っており、2050年までにはこれも100%を再生可能エネルギーにシフトするとの事であります。そして、『非在来型天然ガス』のシェールガスが本格的に生産され始めており、世界のエネルギー市場と経済?産業構造を劇的に変えるシェール革命が、只今進行中であり、原発推進に不利そのモノであります。更に、日本国でも同じ様なメタンハイドレート革命が起きる前夜であり、こちらは日本海側とオホーツク海にかけて生成され続けるメタンハイドレートが、化石燃料の枯渇を全く杞憂のモノとしようとしておるのであります。何れに致しましても、シェール革命は原発推進の邪魔に成る不利に働く存在であり、これで原子力はグッバイであります。米国ではシェール革命で天然ガスの価格が半分になったそうです。それによって天然ガスによる火力発電の方が原発での発電よりコストが安くなったそうです。 米国では太陽光発電、風力発電も増えており、「原発」による発電割合は減っているそうです。電事連の記事では下記のように書かれています。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~米国では、豊富な化石燃料の内でも、発電用にはコストが安い石炭を燃料とする石炭火力が最も多く建設されてきた。前述のように、この石炭火力に加えて、60年代後半からは原子力、さらに近年は再エネ電源の開発も行われてきている。また、最近ではガス価格の低下を受けて、ガス火力の建設も盛んになっている。2016年における発電設備容量銘板容量は11億9,125万kWで、2006年の10億7,602万kWから10年間で11%増大した。設備容量に基づく電源構成は、石炭が31%から25%、石油は6%から4%、天然ガスその他ガス含むは41%から43%、原子力は10%から9%、水力揚水含むは9%から9%、風力は1%から7%、その他再エネは1%から4%へとそれぞれ変化している。kka********さんがメタンはCO2の50倍の温室効果と書いていますが、これは間違いです。25倍です。まあシェールオイル技術で原油価格上昇の頭を押さえつけてるのは確実ですのでシェールオイル技術がなければ日本の原発再稼働はもっと至急課題になっていたでしょうね。ただし開発可能埋蔵量が飛躍的に増えたと言ってもそれはコストと引き換えですから、今後の技術革新の程度によると思います。低コストで生産出来るようになれば確実に原発を推進する意味は薄くなりますね。ガスより石油より、ウランの方が先に枯渇しますよ。高速増殖炉は、諦めたんでしょ?!シェール革命で枯渇の心配は減りましたが、日本はシェール産出国ではないので、日本の原発推進とは、関係ありません。やはりアメリカは、日本への輸出に当たり、中東と値段を併せてきたそうです。何も、高く買ってくれる日本に安く売る必要はありません。ただ、アメリカ国内で、言えばアメリカは、パイプラインが充実していますので、液化する必要もタンカーを造る必要も無く、また、運送料が無いので、非常に安いので、原発よりコストが、下がっているので、原発推進はしないです。化石燃料を燃やす事で発生する温室効果ガスの問題は周知ですので、多少の影響はあるでしょうが、不利とまでは行かないでしょうね

Post Tagged with 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です